伯爵令嬢マリツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伯爵令嬢マリツァ (独:Gräfin Mariza)は、カールマーン・イムレ1924年に作曲し、同年2月28日にアン・デア・ウィーン劇場で初演された全3幕のオペレッタである。

カールマンのオペレッタ作品の中ではチャールダーシュの女王についでよく知られる作品であり、しばしば上演される。

登場人物[編集]

  • マリツァ伯爵令嬢 (ソプラノ)- 伯爵令嬢
  • タシロ伯爵(テノール)- 破産したヴィッテンブルク伯爵家の長男 (名を隠してマリツァの領地管理人をしている)
  • リーザ(ソプラノ)- タシロ伯爵の妹
  • コローマン・ジュバン男爵(テノール)- マリッツァが思い付いた架空の婚約相手と同じ名前の男爵