伊藤節+伊藤志信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤志信から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤節+伊藤志信(Setsu & Shinobu Ito)は、1997年よりミラノ東京を拠点に活動する伊藤節と伊藤志信のデザインユニット。素材特性とデザインをテーマに、大きな空間から手のひらにのるもの、手造りの伝統的工法のものからハイテクノロジーの電子機器まで、幅広く数多くのプロジェクトを手がける。作品はミラノやミュンヘンの美術館に永久コレクションとして納められている。国際的に、欧州や日本の企業、クライアントとの工業デザイン開発、建築プロジェクト、コンサルタントを行う。各国で作品発表、展示会、講演会を行うかたわらミラノ工科大学、ベネチア大学、ドムスアカデミー、筑波大学といったイタリアや日本の大学で教鞭を執る。

  • 伊藤節(いとう せつ、1964年 - )
山口県出身。筑波大学大学院修了。日本デザイン学会にて製品意味論とデザイン評価に関する研究発表を行う。1989年ミラノに渡り、スタジオ・アルキミアに所属。また同年より建築家アンジェロ・マンジャロッティに師事する。1995年、ミラノに独自のスタジオを開設。
  • 伊藤志信(いとう しのぶ、1966年 - )
東京都出身。多摩美術大学卒業後、CBS Sony(現Sony Music Entertainment)に勤務。その後ミラノのドムスアカデミーにてマスター修了。1997年に伊藤節と共同してStudio I.T.O. Designを設立する。ヴィジュアルデザインの活動も多数あり、2007年の欧州メルボルンカップのメイングラフィックにも選出される。

主な作品[編集]

  • 2011年 - “Re-Lighting” アートディレクション(Reggiani)
  • 2010年 - ガラス製システム棚 “INORI”(Fiam Italia)
  • 2010年 - “バリラ邸”(イタリアパルマ
  • 2009年 - ヘアケアシリーズ “ASIENCE” パッケージデザイン(花王
  • 2008年 - ボーンチャイナ “ZENコレクション”(Richard Ginori)
  • 2007年〜2010年 - “JAPAN TEXTILE展”総合監修(JETRO
  • 2007年 - ダイニングチェア “BINA”(Poltrona Frau)
  • 2006年 - コーリアン製ベンチ “OPS SOFA”(DuPont Corian)
  • 2006年 - ソファ “ICY”(Sawaya & Moroni)
  • 2006年 - ソファ “FULLER”(Sawaya & Moroni)
  • 2006年 - 電子楽器 “FRACTAL SOUND”(ヤマハ
  • 2004年 - コスメティックシリーズ “VECUA” パッケージデザイン(B&Cラボラトリーズ)
  • 2004年 - ガラス製サイドテーブル “TOKI”(Fiam Italia)
  • 2004年 - キッチンユニット “ISOLA”(トーヨーキッチン&リビング)
  • 2003年 - ソファ ”AU”(Edra)
  • 2003年 - アルミ製パーティション “SHIKI”(DePadova)
  • 2003年 - 電子辞書 “E-Dictionary”(シャープ
  • 2002年 - テーブルウェアシリーズ “LOVE”(Guzzini)
  • 2000年 - ステーショナリーシリーズ “HOW”(NAVA)
  • 1998年 - 形成外科&カフェギャラリー “T-CLINIC”(長崎県長崎市
  • 1998年 - 電通産業ビル “SPAZIO LUCE”(埼玉県富士見市
  • 1995年 - ティーポット “GINPO”(Tiffany & Co.)

書籍[編集]

  • モノグラフィー出版本
  • 「setsu & shinobu Ito east-west designer」Virginio Briatore著(Logos出版社、イタリア)
  • 共著
  • 「デザインの広がり」(工業調査会、日本)
  • 監修
  • 「Italia, Designer’s Book」(JETRO出版、日本)

外部リンク[編集]

Studio I.T.O. Design