伊藤喜久蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 喜久蔵(いとう きくぞう、1919年7月24日 - 2008年2月27日)は日本のジャーナリスト中国研究者、中日新聞東京支社記者・論説委員。旧姓は中山。

略歴[編集]

京都府生まれ。戦前の上海にあった東亜同文書院大学を卒業。

その後中日新聞社に入社し、中日新聞記者として文化大革命当時の中国に駐在し、中国の内情を報道した。1967年2月、1966年度ボーン国際記者賞(現・ボーン・上田記念国際記者賞)を受賞[1]

著書[編集]

  • 『ドキュメント文革の三年』(柴田穂との共著)経済往来社、1968年。
  • 『中国のパワー・エリート像』 有斐閣、1983年。ISBN 978-4641023574
  • 『挑戦する香港 - 世界の耳目集める要衝』 教育社、1985年。ISBN 978-4315501438

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 社史・沿革”. 中日新聞社. 2016年1月15日閲覧。