伊庭時言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊庭 時言(いば ときのぶ、1794年(寛政6年) - 1853年(嘉永6年))は、江戸時代後期の国学者。通称は朔次郎、号は桂園。下総国葛飾郡椿村出身。

岸本由豆流に師事して国学の研鑽に励み、学者として頭角を現す。黒川春村と交流があり、黒川の随筆の中にも度々その名が登場する。歴史上の歌人達の事績を集積した事典「作者小伝」や、文禄三年八月までの歌合の年次、名目などを年表化した「歌合年表」などの著作を認めたと、『大日本歌書綜覧』で詳述されているが、それらの著作は後に散逸してしまい、現在の所在は明らかとなっていない。

関連文献[編集]

  • 江戸文人辞典(東京堂出版)