企業研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

企業研究(きぎょうけんきゅう)とは、存在している企業情報を収集することを基として、その企業がどういった企業であるかを分析、確認、理解することである。

概要[編集]

企業研究とは就職活動といった形で仕事を求めている者にとっては重要であり、これを行うことによって企業の業種のみならず内面的な社風などといった事柄に関する知識を身につけ、入社試験を受ける企業を決定する際の指針としている。これは投資を検討している者にとっても重要な事柄であり、綿密に行うことが大きな利益につながるとされている[1]

出典[編集]

  1. ^ 保阪 薫 (2009年2月20日). “株価急落時こそ企業研究の好機 : 株主になるとは? : 暮らしの知恵 : 新おとな総研”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). オリジナル2009年2月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090226232125/http://otona.yomiuri.co.jp/life/kabunushi/090220.htm 

外部リンク[編集]