仮払金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仮払金(かりばらいきん,suspense payment)は、勘定科目の一つ。流動資産に区分される。

概要[編集]

勘定科目や金額が不明の金銭を支払った場合に、それらが確定するまで一時的に使用する勘定科目である。

従業員の旅費や、接待の際の概算額を支払うときなどに使用する。

仕訳例[編集]

  • 明日から地方出張をする社員に、交通費、宿泊代として5万円渡す。
借方 貸方
仮払金   50,000 現金   50,000


  • 社員が帰社し、交通費、宿泊代として4万円使用し、残金1万円を返金した。
借方 貸方
旅費交通費 40,000 仮払金 50,000
現金      10,000


類似勘定科目[編集]