井村勝吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井村 勝吉(いむら かつよし、生没年不詳)とは、江戸時代京都絵師職人

来歴[編集]

京都の人。元禄から享保の頃にかけて、小袖模様の雛形(図案)を描いている。それらには「洛下染物絵師 井村勝吉」と記す。

著作[編集]

  • 『和国ひいなかた大全』上中下3冊 元禄11年(1698年)刊行
  • 『丹前ひいなかた』三巻1冊 宝永元年(1704年)刊行
  • 『風流雛形大成』3冊 正徳2年(1712年)刊行
  • 『絵本稽古帳』3冊 享保3年(1718年)刊行

参考文献[編集]

  • 山辺知行監修 『小袖模様雛形本集成』(第弐巻) 学習研究社、1974年
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年

関連項目[編集]