井伊亮寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
井伊亮寿
時代 江戸時代後期
生誕 文政12年6月19日1829年7月19日
死没 不明
別名 茂次郎。茂代治
主君 井伊直弼
氏族 井伊氏
父母 父:井伊中顕、母:生駒吉雄の娘
兄弟 内藤政文亮寿

井伊 亮寿(いい あきとし)は、近江彦根藩井伊家の一門で、藩主井伊直亮直弼の甥。「亮」の字は伯父・直亮からの偏諱であり、家督相続の前には元服済みであったことが分かる。

井伊直中の六男で直弼の異母兄である井伊中顕の子。生母は家女の生駒吉雄の娘。嘉永5年(1852年)6月26日に父が死去したため、9月4日に跡を継いだ[注釈 1]。以後は叔父・直弼の家臣として仕えた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 同母兄の顕道は既に内藤政優養子となっていた

出典[編集]

参考文献[編集]