井上貫道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 貫道(いのうえ かんどう、1944年3月25日−)は、日本曹洞宗僧侶準師家静岡県掛川市少林寺 (掛川市)東堂。号は魯山。

略歴[編集]

1944年、静岡県浜松市生まれ。井上義衍の五男。1953年に得度。曹洞宗準師家、現在、少林寺東堂。

発心寺専門僧堂を皮切りに大本山総持寺特別専門僧堂送行後、袋井市可睡斎維那を長年務める。

少林寺24世中興開山。浜松南区弘誓寺東堂、菊川市中内田長福寺東堂。

10代で半田山龍泉寺旧山道に於いて下駄の音で自覚、研鑚を続け後に30代に義衍老師病床時に印可証明を受ける。

東京静岡関西岡山など全国各地の坐禅会に指導に回っている。

著作[編集]

監修本[編集]

  • 真実、悟り、修行とは1、2

外部リンク[編集]