五育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五育(ごいく)は、明治時代の幼児教育のこと[1][2][3][4]石塚左玄は著書において「体育・智育・才育は即ち食育なり」[5][6]と述べている。

脚注[編集]

  1. ^ キッコーマン国際色文化研究センター
  2. ^ JA福井
  3. ^ 日本食育協会
  4. ^ 食育常識ガイド
  5. ^ 石塚左玄『化学的食養長寿論』1896年(明治29年)276頁
  6. ^ 石塚左玄『通俗食物養生法』1898年(明治31年)178頁