五台山体育場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五台山体育場
施設情報
所在地 中華人民共和国の旗 江蘇省南京市鼓楼区広州路173号
位置 北緯32度3分3.73秒 東経118度46分7.08秒 / 北緯32.0510361度 東経118.7686333度 / 32.0510361; 118.7686333座標: 北緯32度3分3.73秒 東経118度46分7.08秒 / 北緯32.0510361度 東経118.7686333度 / 32.0510361; 118.7686333
起工 1952年
開場 1953年
拡張 2013年
所有者 江蘇省
運用者 江蘇省体育局
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105x66m
照明 4基
大型映像装置 電光掲示板1基
使用チーム、大会
江蘇蘇寧女子中国女子サッカー・超級リーグ
収容人員
19,000[1]
アクセス
南京地下鉄2号線上海路駅より市バス3系統

五台山体育場簡体字:五台山体育场)は、中華人民共和国江蘇省南京市鼓楼区にある陸上競技場である。球技場としても使用される。南京五台山体育センターの一施設として、江蘇省体育局が管理運営を行っている。以前はサッカーの試合に多用されており、収容人員は18,500人である。[2]

概要[編集]

新中国成立から間もない1952年に建設が開始されたが、まだ当時は経済的に貧しかった為に土木機械等が用意できず、南京市共青団員の人力作業によって建設された。[3]その後も国際基準に合わせて何度か改修工事が行われている。かつては江蘇蘇寧や南京有有のホームスタジアムとして使用されていたが、南京オリンピック体育センター完成後はその地位を譲り、現在は江蘇蘇寧LFC中国語版がホームスタジアムとして使用する。[4][5]2013年に拡張工事を行い、ユースオリンピック2014のサッカー会場として使用された。[6]

参考文献[編集]

  1. ^ 五台山体育場紹介 - 中国国際広播電台国際在線
  2. ^ http://www.rdomus.com/d.php?eID=77772
  3. ^ 五台山体育場:1953年靠双手挖成的体育場”. 鳳凰網 (2014年5月2日). 2018年10月21日閲覧。
  4. ^ 江苏省五台山体育中心”. 新浪網 (2013年7月4日). 2018年10月21日閲覧。
  5. ^ 省五台山体育场”. 江蘇省体育局 (2010年9月30日). 2018年10月21日閲覧。
  6. ^ Sport Explanatory Brochure: Football (PDF)” (英語). 南京 2014. p. 9 (2014年3月4日). 2014年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]