二本松万古焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

二本松万古焼(にほんまつばんこやき[1])は、福島県二本松市で焼かれている陶磁器

歴史[編集]

  • 嘉永6年(1853年二本松藩主が、京都から陶工を呼びよせ、下級武士の副業として教えたのが製作の開始と伝えられる。
  • 現在、1軒が残るのみ。

その他[編集]

  • 独自の製法で地元の粘土を使いつくられている。
  • 焼き上がりの色あいと、指でつけた梅花模様に特徴がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ かつては「まんこやき」という読み方もされていたが、現在では「ばんこやき」という読み方をするのが一般的である