二十二史考異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

二十二史考異』(にじゅうにしこうい)は、中国代の銭大昕乾隆45年(1780年)に著した書物。全100巻。史書の分野における清朝考証学を代表する書物であり、後世の歴史研究に大きな便宜を与えた。二十二史攷異廿二史攷異廿二史考異とも記される。

概要[編集]

対象とする二十二史とは正史二十四史のうち『旧五代史』『明史』を除いたものであるが、『後漢書』に含められた司馬彪『続漢書』の部分を独立して『続漢書』二巻として収録したため、総目においては二十三史となっている。

記述の体裁は『資治通鑑』に倣っており、正史の文字の異同を指摘するだけではなく、の言葉についての校訂を重視しており、語句の解釈や年代・地理的変遷などへも言及している。疑問とする箇所の指摘も行なっており、その綿密な考証の姿勢により、同時代の『十七史商榷』『二十二史箚記』と比べても高い評価を得ている。

テキスト[編集]

  • 『廿二史攷異』(16冊、上海商務印書館、1937年)
  • 『廿二史考異』(2冊、方詩銘・周殿傑校点、上海古籍出版社、2003年、ISBN 7532535355

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 孟慶遠主編 『中国歴史文化事典』 小島晋二・立間祥介・円山松幸訳、新潮社、1998年、ISBN 4-10-730213-X(原書『新編中国文史詞典』中国青年出版社、1989年)