事実上独立した地域一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  どの国からも非承認
  国連非加盟国のみから承認
  国連加盟国の1ヵ国以上から承認
  国連加盟国であるが、他の加盟国の1ヵ国以上から非承認

事実上独立した地域一覧(じじつじょうどくりつしたちいきいちらん)は、独立主張があり、一定以上の「国家」の要件(領域、人民、権力)を満たしているものの、政治的事情などにより国際社会から広く承認を得られていない地域の一覧である。

国際社会から国家承認を一切受けていない地域[編集]

1991年にソマリアから独立宣言。ソマリア内戦の過程における同年のモハメド・シアド・バーレ政権の崩壊後、同政権に弾圧されていたイサック主体のソマリ国民運動によって独立が宣言された。旧イギリス領ソマリランド一帯を領土と主張しているが、隣接するプントランドと境界紛争(プントランド・ソマリランド紛争)を抱えている。事実上の独立国家として機能しているものの国家承認をする国は存在しない。

国際社会の一部において国家承認を受けている地域[編集]

国際連合非加盟国のみの承認[編集]

1990年にモルダビア・ソビエト社会主義共和国(現モルドバ)から独立宣言。ペレストロイカの過程において、モルダビアがモルドバ民族主義政策および親ルーマニア政策を強めたことに対してドニエストル川東岸に多く居住するロシア系住民が反発し、独立を宣言するに至った。1992年に勃発したトランスニストリア戦争の勝利によって実効支配を確実なものとしている。アブハジア、南オセチア、ナゴルノ・カラバフから国家承認を受けている。
1991年にアゼルバイジャンから独立宣言。ペレストロイカの過程において、アルメニア系住民が多く居住するナゴルノ・カラバフ自治州アルメニア・ソビエト社会主義共和国(現アルメニア)への編入を求める機運が高まり、1988年に勃発したナゴルノ・カラバフ戦争を経て独立に至った。アブハジア、南オセチア、沿ドニエストルから国家承認を受けている。

国際連合加盟国の1か国以上から承認[編集]

1983年にキプロスから独立宣言。キプロス紛争の過程において、1974年にトルコ軍によってキプロス北部の占領が行われ、キプロスは北部のトルコ軍実効支配地域と南部のキプロス政府実効支配地域に分断された。1975年にトルコ軍実効支配地域はキプロス連邦トルコ人共和国を建国して連邦制による再統合を目指したものの、統合交渉が決裂したことによって独立に至った。
1992年にグルジアから独立宣言。ペレストロイカの過程において、グルジア・ソビエト社会主義共和国(現グルジア)がグルジア民族主義政策を強めたことに対してアブハズ自治ソビエト社会主義共和国に居住するアブハズ人が反発し、独立を宣言するに至った。独立宣言後に勃発したアブハジア戦争の勝利によって実行支配を確実なものとしている。2008年にグルジアによる南オセチア侵攻を契機として勃発した南オセチア紛争の結果、ロシアによって独立が承認された。
1991年にグルジアから独立宣言。ペレストロイカの過程において、グルジア・ソビエト社会主義共和国(現グルジア)がグルジア民族主義政策を強めたことに対して南オセチア自治州に多く居住するオセット人が反発し、1991年に勃発した南オセチア紛争を経て独立に至った。2008年にグルジアによる南オセチア侵攻を契機として勃発した南オセチア紛争の結果、ロシアによって独立が承認された。
1912年に建国。国共内戦の過程において、1949年に中国共産党によって中華人民共和国が建国され、中華民国の中国国民党政府は大陸本土から台湾島へ撤退した。その後は台湾海峡危機など軍事的緊張が高まった時期があったものの、台湾島と周辺の島嶼群の実効支配を維持している。中華人民共和国は「一つの中国」を主張し、他国に対して二重承認を認めない方針を貫いているため、中華民国を国家承認する国は年々減少している。
1976年にスペインから独立宣言。スペイン領サハラ西サハラ)の返還運動の高まりを受けて1975年にマドリード協定が締結され、スペインは西サハラから撤退した。協定ではモロッコモーリタニアによる分割統治が定められたが、サハラウィー人を主体とするポリサリオ戦線はこれを不服とし、アルジェリアの支援を受けて独立を宣言した。独立宣言後に西サハラ戦争が本格化し、1979年にモーリタニアは撤退したものの、1991年の停戦を経て現在に至るまで領土の大部分をモロッコによって実効支配されている。政府はアルジェリアに本拠地を置いている。
2008年にセルビアから独立宣言。1989年のスロボダン・ミロシェヴィッチ政権の成立後、セルビア社会主義共和国(現セルビア)がセルビア民族主義政策を強めたことに対してコソボ社会主義自治州に多く居住するアルバニア系住民が反発し、1990年にコソボ共和国が建国された。1998年に勃発したコソボ紛争の勝利によってセルビア共和国(現セルビア)の主権下を事実上離脱し、国際連合コソボ暫定行政ミッションの統治下に置かれた。2007年に国連暫定統治終了後の地位を巡る交渉が決裂したことによって独立に至った。
1988年に独立宣言。1947年のパレスチナ分割決議によってイギリス委任統治領パレスチナの分割およびパレスチナ人国家とユダヤ人国家の創設が定められたが、パレスチナ人はこれを不服としたために実現には至らなかった。1948年にユダヤ人はイスラエルを建国し、その後4度にわたって中東戦争が勃発した。1987年に発生した第1次インティファーダの過程においてパレスチナ解放機構は独立を宣言し、1994年にはオスロ合意に基づいてパレスチナ自治政府が設立された。2012年より国際連合オブザーバー国家として参加している。

脚注[編集]

  1. ^ トルコ
  2. ^ ナウルニカラグアベネズエラロシア
  3. ^ ナウルニカラグアベネズエラロシア
  4. ^ エルサルバドルキリバスグアテマラサントメ・プリンシペスワジランドセントクリストファー・ネイビスセントビンセント・グレナディーンセントルシアソロモン諸島ナウルツバルドミニカ共和国ニカラグアハイチバチカンパナマパラオパラグアイブルキナファソベリーズホンジュラスマーシャル諸島
  5. ^ アルジェリアアンゴライエメンイランウガンダウルグアイエクアドルエチオピアエルサルバドルガイアナガーナカーボベルデキューバケニアザンビアシエラレオネジャマイカシリアジンバブエスリナムタンザニア朝鮮民主主義人民共和国トリニダード・トバゴナイジェリアナミビアニカラグアバヌアツ東ティモールベネズエラベリーズボツワナボリビアホンジュラスマラウイマリ共和国南アフリカ共和国南スーダンメキシコモザンビークモーリタニアラオスリビアリベリアルワンダレソト
  6. ^ アイスランドアイルランドアフガニスタンアメリカ合衆国アラブ首長国連邦アルバニアアンドライエメンイギリスイタリアエジプトエストニアエルサルバドルオーストラリアオーストリアオマーンオランダガイアナカタールガーナカナダガボンガンビアギニアギニアビサウキリバスクウェートグレナダクロアチアコスタリカコートジボワールコモロコロンビアサウジアラビアサモアサントメ・プリンシペサンマリノシエラレオネジブチスイススウェーデンスロベニアスワジランドセネガルセントクリストファー・ネイビスセントルシアソマリアソロモン諸島タイ大韓民国タンザニアチェコチャド中央アフリカ共和国ツバルデンマークドイツトーゴドミニカドミニカ共和国トルコトンガナウルニジェール日本ニュージーランドノルウェーハイチパキスタンパナマバヌアツパプアニューギニアパラオバーレーンハンガリー東ティモールフィジーフィンランドフランスブルガリアブルキナファソブルネイブルンジベナンベリーズペルーベルギーポーランドポルトガルホンジュラスマケドニアマーシャル諸島マラウイマルタマレーシアミクロネシア連邦モナコモーリタニアモルジブモンテネグロヨルダンラトビアリトアニアリビアリヒテンシュタインリベリアルクセンブルクレソト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]