九頭竜峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
九頭竜峡

九頭竜峡(くずりゅうきょう)は福井県大野市にある渓谷。九頭竜川の上流の大野市下山から柿ヶ島までの区間をいう[1]。九頭竜峡の地名は河川名に因む。奥越高原県立自然公園に属する。

景観[編集]

荒島岳閃緑岩(勝原閃緑岩)が激流によって垂直に浸食された地形[1]。穿入蛇行を繰り返す河谷は非常に変化に富んだ景観が見られる。見所としては魚止の滝(単純に魚止と呼ばれることが多い)を始め、仏御前の滝、鳥ヶ壁、法善壁などがあり、紅葉も美しい。上流には仏原ダムがあり、更にその上流には全国最大級のロックフィルダム九頭竜ダムがある。

出典[編集]

  1. ^ a b 鮮やかな四季の移ろい 九頭竜湖”. 福井県. 2021年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]