丹埜倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丹埜 倫(たんの ろん、1977年[1]10月7日[要出典] - )は、日本の実業家である。株式会社R.project代表取締役。

概要[編集]

2人兄弟の次男として生まれる[要出典]。父親はオーストラリア人[2]多摩大学元学長のグレゴリー・クラーク[要出典]、母親は日本人[2]

慶應義塾大学法学部卒業後、ドイツ証券東京支店、リーマンブラザーズ証券東京支店に勤務[1]。この間、スカッシュの日本代表として世界選手権に出場した[1]

29歳で金融業界から離れた[2]後、自身が中学校時代に通った保田臨海学校を千代田区から譲り受け、サンセットブリーズを立ち上げる[1]。現在は株式会社ロハスインターナショナル非常勤取締役[2]、館山青年会議所会員[1]、鋸南町商工会青年部員[1]城西国際大学観光学部非常勤講師[2]を務める。

経歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 2001年[要出典]、ドイツ証券株式部門勤務 
  • 2004年[要出典]、リーマンブラザーズ証券勤務
  • 2006年、株式会社R.project設立、代表取締役就任(現任)
  • 2007年[要出典]、株式会社ロハスインターナショナル取締役(非常勤)就任(現任)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 会社概要・役員紹介 株式会社R.project
  2. ^ a b c d e f R.project

外部リンク[編集]