中村倫也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかむら ともや
中村 倫也
本名 中村 友也
生年月日 (1986-12-24) 1986年12月24日(34歳)
出生地 日本の旗 日本東京都[1]
身長 170cm[2]
血液型 A型[1]
職業 俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2005年 -
事務所 トップコート
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
スーパーサラリーマン左江内氏
ホリデイラブ
半分、青い。
初めて恋をした日に読む話
凪のお暇
美食探偵 明智五郎
この恋あたためますか
珈琲いかがでしょう
映画
やるっきゃ騎士
星ガ丘ワンダーランド
屍人荘の殺人
水曜日が消えた
人数の町
サイレント・トーキョー
ファーストラヴ
舞台
ヒストリーボーイズ
ライチ☆光クラブ
吹き替え
アラジン
バラエティ
ひと目でわかる』(バラエティ初MC)
 
受賞
第22回読売演劇大賞
優秀男優賞
ヒストリーボーイズ
第17回コンフィデンスアワード・ドラマ賞
助演男優賞
凪のお暇
受賞歴参照
テンプレートを表示

中村 倫也(なかむら ともや[3]1986年〈昭和61年〉12月24日[3] - )は、日本俳優タレント。旧芸名は本名である中村 友也(読み同じ)。東京都出身[3]トップコート所属[3]

略歴[編集]

高校1年生のときに所属事務所からスカウトを受ける[4]。所属事務所の養成所Artist☆Artistにて、演技を学ぶ。

2005年、映画『七人の弔』で俳優デビュー[3]

芸能生活10周年の2014年に『ヒストリーボーイズ』にて舞台初主演。同作により第22回読売演劇大賞優秀男優賞受賞。

2018年NHK連続テレビ小説半分、青い。』で朝井正人役で出演し、知名度が上がるきっかけとなる[5]。NHKの勝田夏子ディレクターらに評価されて起用された。同年、Yahoo!検索大賞俳優部門受賞[6]

2019年、オーディションによって実写版『アラジン』で主人公 アラジンの吹き替えを担当する。起用の決め手となったのは中村の「ホール・ニュー・ワールド」の歌声だったという[7]

人物[編集]

本名は中村友也であり、replay&destroyのDVD特典である座談会で明かしている。

兄がいる[8]

生き物が好きで、ハムスター2匹と、90cm水槽でポリプテルス(古代魚)等を飼っている。現在最も飼いたい動物はナマケモノ

左耳に3つ、右耳に2つピアスホールがある。

趣味は散歩写真撮影[3]サッカー[4] など。学生時代はずっとサッカーに熱中しており、高校もサッカー強豪校を選んで進学した。

サッカーを辞めた直後、バイト帰りに自転車をこいでいた時、トップコートで当時勤務していた江川卓の娘(中村の友人と知己があった)から声をかけられて芸能界へ入った。

年間100本映画を見ていた高校時代に最も感銘を受けた映画として『太陽を盗んだ男』と『新幹線大爆破』を挙げている[9]。『太陽を盗んだ男』については「作品の持つ訳の分からないパワーに圧倒された」、『新幹線大爆破』については「今では絶対に作れない映画。こんな映画に出てみたい」などと話している[9]

自身のトークライブでは、企画、構成、演出、映像制作なども行っている。

お笑い芸人バナナマンを敬愛しており、TBSラジオで放送中の「『バナナマンのバナナムーンGOLD』は憧れの番組」と自身のTwitterに綴っている[10]。その後、2018年12月28日に同番組の企画『第12回バナナムーン超内々紅白歌合戦』に出演。自身が出演しているドラマ『半分、青い。』の主題歌である星野源の「アイデア」を歌唱した。なおオファーに関しては放送日から約2週間前にマネージャーから「28日に1つオファーが来てます」と伝えられ、それが『バナナムーン』であることを瞬時に察し、即決で受けたとの事[11]

最も仲が良い友人として生田斗真を挙げており、小池栄子や同じ事務所の松坂桃李菅田将暉とも仲が良い。また若手時代は八嶋智人の家で頻繁にご馳走になり、お世話になった先輩として古田新太堤真一ムロツヨシの名前をよく挙げている。

2018年6月14日に放送された『ZIP!』(日本テレビ系)に出演した際、マネージャーから「カメレオン俳優が最近多いから別の言葉を探してください」と言われたエピソードを紹介、ミミックオクトパス俳優を自称した[12][13]

受賞歴[編集]

出演[編集]

映画[編集]

公式ウェブサイトの「BIOGRAPHY」[16] における「MOVIE」のページをもとに記述。

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

舞台[編集]

公式サイトの「BIOGRAPHY」[16] における「STAGE」のページをもとに記述。

アニメ映画[編集]

吹き替え [編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • 吉野家(2016年5月 - )[53]
  • ダイワハウス D-room(2016年8月 - ) - 上野樹里と共演。
    • 『はじまり』篇(2016年)
    • 『朝』篇(2017年)
    • 『夫の心配』篇(2018年)
    • 『妻、出張中』篇(2019年)
  • Simeji(2018年10月 - )[54] - Simejiママ[55]
  • ピエトロ(2018年10月 - )
  • ABCマート(2018年11月 - )
  • ブルボン ルマンドアイス(2019年2月 - )
  • 東京シティ競馬
    • 「夜遊び方改革」
      • 『登場』篇(2019年4月 - )
      • 『接待』篇(2019年6月 - )
      • 『熱い』篇(2019年8月 - )
      • 『勝負』篇(2019年12月 - )
    • JBC『名馬は二度生まれる』篇(2020年9月 - )- 新田真剣佑安田顕と共演[56]
    • 『今年最後のGIレース』篇(2020年12月 -)
  • TikTok(2019年7月 - )
  • QUICPay(2019年8月 - )
  • アサヒスーパードライ
    • 『2人のトライ』篇(2019年11月 - )
    • 『4月、新たな出会い』篇(2020年4月 - )
    • 『2020年、みんなの夏』篇(2020年7月 - )
    • 『スーパードライ史上最高のうまさ』篇(2020年10月 - )
    • 『新しい年に、乾杯』篇(2021年1月-)
    • 『続2人のトライ』篇(2021年3月 - )
    • 『一歩づつ』篇(2021年10月-)
  • ブルボン ルマンド
    • 『ルマンド男子 篇』(2019年11月 - )
    • 『ルマンドホーム』篇(2020年10月 - )
    • 『贅沢な出会い』篇(2021年4月 - )
    • 『ルマンドと、いつもいっしょに。』篇『贅沢な時間』篇(2021年9月 - )

ネット配信[編集]

ドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

  • お残しは許しまへんでっ!(2013年4月 - 2014年12月、トップコート×アメーバスタジオ月1レギュラー番組)

アニメ[編集]

ウェブCM[編集]

  • 本田技研工業 Webムービー「ある日突然グリーンマシーン」(2008年)
  • AGC株式会社 Web限定Movie「言えなかった男編」(2018年3月18日 - )
  • maruhoニキビ一緒に治そうProject WEBムービー「ニキビも、悩みも、小さなうちに」篇(2018年9月 - )
  • maruhoニキビ一緒に治そうProject WEBムービー ニキビは恋のラビリンス「繰り返すニキビの謎を追え」編(2020年2月 - )
  • maruho口唇ヘルペス治療啓発Webムービー「忍び寄る口唇ヘルペスの予感」編(2021年5月 - )
  • 贅沢ルマンド宇治抹茶カカオとの出会い」篇(2021年6月 - )

ミュージックビデオ[編集]

公式サイトの「BIOGRAPHY」[16] における「OTHER」のページをもとに記述。

ナレーション[編集]

  • 目撃!にっぽん(2017年5月 - 、NHK)
  • 時を刻むこの星空 with DREAMS COME TRUE(2018年12月 - 、コニカミノルタプラネタリウム
  • NHKスペシャル被爆者たちの“ラストメッセージ”〜生まれ変わる原爆資料館〜(仮)(2019年8月6日、NHK)
  • NHKスペシャル “ヒロシマの声”がきこえますか 〜生まれ変わった原爆資料館〜(2019年8月6日、NHK総合)[61]
  • NHK BSプレミアム「秘密の花園 イングリッシュ・ガーデン」(2020年10月17日、NHK総合)

ナビゲーター[編集]

  • こんなステキなにっぽんが シリーズ 冬に生きる 「心こめて 雪国の和紙~岐阜県 飛騨市~」( 2011年3月1日、NHK)
  • 男子旅「北海道・トマム」(2018年3月23日、Dlife)

その他[編集]

ゲーム[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
2019年(令和元年)/第70回 初(特別出演) ホール・ニュー・ワールド なし 木下晴香(共演) 「夢を歌おう」特別企画で初出場

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 中村倫也 最初の本『童詩』(2018年8月1日発売)

エッセイ[編集]

  • 中村倫也 『THE やんごとなき雑談』(2021年3月18日発売)

連載[編集]

  • 「役者 中村倫也の孤軍奮闘記」雑誌『大人のおしゃれ手帖』(2016年4月号 - 2018年3月号)
  • 「中村倫也のやんごとなき雑談」雑誌『ダ・ヴィンチ』(2018年11月号 - 2020年11月号)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  2. ^ 中村倫也 15年間身長2センチさば読んでたら伸びた
  3. ^ a b c d e f スタープロフィール|中村 倫也”. Web版TVスター名鑑. 東京ニュース通信社. 2013年9月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月9日閲覧。
  4. ^ a b くれい響 (2012年10月5日). “ミュージカル「RENT」でメインキャストに選ばれた中村倫也”. CREA WEB. 文藝春秋. 2013年3月9日閲覧。
  5. ^ 中村倫也:朝ドラの“ゆるふわ男子”でブレーク モラハラ夫から不良まで“カメレオン俳優”の1年を振り返る”. まんたんウェブ (2018年12月25日). 2019年4月13日閲覧。
  6. ^ a b “中村倫也:朝ドラ出演の影響「すさまじかった」 「Yahoo!検索大賞」俳優部門受賞”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年12月5日). https://mantan-web.jp/article/20181205dog00m200007000c.html 2020年11月29日閲覧。 
  7. ^ 『アラジン』プレミアム吹替版キャスト決定!アラジン役に中村倫也さん&ジャスミン役に木下晴香さん|映画|ディズニー公式”. ディズニー公式. 2019年4月13日閲覧。
  8. ^ 中村倫也、突如明かした兄の情報にネット「まさかのお兄さん情報」「余計好きになった」”. E-TALENTBANK co.,ltd. (2019年10月17日). 2021年5月19日閲覧。
  9. ^ a b 「Strive to Achieve 刑事からサイコパス犯罪者、モテ上司から愛されキャラまで 中村倫也の変幻自在」『GQ JAPAN』2021年3月号、コンデナスト・ジャパン、 69頁。
  10. ^ 中村倫也 “敬愛する”コンビのラジオで名前があがり「ニヤニヤが止まりません…!」”. モデルプレス (2018年11月5日). 2018年11月14日閲覧。
  11. ^ JUNK バナナマン「年末恒例、超内々紅白歌合戦!」”. TBSラジオ (2018年12月31日). 2018年12月31日閲覧。
  12. ^ “朝ドラ俳優・中村倫也、”タコ”俳優と呼ばれたい!?”. E-TALENTBANK co.,ltd.. (2018年6月15日). https://e-talentbank.co.jp/news/60830/ 2019年9月21日閲覧。 
  13. ^ “俳優・中村倫也が自任する「ミミックオクトパス俳優」ってナンだ?”. アサジョ (徳間書店). (2018年6月21日). https://asajo.jp/excerpt/53997 2019年9月21日閲覧。 
  14. ^ 中村倫也が「麻酔薬のような男」を好演、『凪のお暇』で「助演男優賞」受賞【第17回コンフィデンスアワード・ドラマ賞】”. ORICON NEWS (2019年11月1日). 2019年11月4日閲覧。
  15. ^ “「エル シネマアワード2019」佐久間由衣が大人の魅力…黒ドレスで「幸せです」”. ENCOUNT. (2019年12月12日). https://encount.press/archives/13181/ 2020年2月13日閲覧。 
  16. ^ a b c BIOGRAPHY|中村 倫也”. トップコート. 2013年3月9日閲覧。
  17. ^ “1980年代の伝説的エロ学園漫画「やるっきゃ騎士」、中村倫也主演で実写映画化”. 映画.com. (2015年3月27日). https://eiga.com/news/20150327/1/ 2020年11月29日閲覧。 
  18. ^ 佐々木希×菅田将暉×市原隼人×杏×木村佳乃ら!中村倫也主演作に主役級キャスト集結”. シネマトゥデイ (2015年6月30日). 2015年6月30日閲覧。
  19. ^ “妻夫木聡×満島ひかり「愚行録」に小出恵介、市川由衣、中村倫也ら実力派ずらり”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年6月1日). http://eiga.com/news/20160601/6/ 2016年6月1日閲覧。 
  20. ^ 生田斗真×広瀬すず「先生!」に竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年12月5日). 2016年12月5日閲覧。
  21. ^ 神木隆之介×浜辺美波×中村倫也! ミステリーランキング4冠「屍人荘の殺人」実写映画化”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2018年12月6日). 2018年12月6日閲覧。
  22. ^ 中村倫也「非常に難易度の高い役でした」映画『影裏』で綾野剛の昔の友人に”. ORICON NEWS (2019年9月3日). 2019年9月19日閲覧。
  23. ^ 中村倫也が1人7役挑戦、曜日ごとに別々の“僕”演じる「やっかいだなあ〜」”. 映画ナタリー (2019年10月4日). 2019年10月11日閲覧。
  24. ^ 中村倫也主演映画『人数の町』公開決定!人々との出会いからある町の謎に迫る”. 映画ログプラス (2020年6月18日). 2020年6月19日閲覧。
  25. ^ 佐藤浩市・石田ゆり子・西島秀俊ら豪華キャスト集結 映画「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」制作決定”. モデルプレス (2020年11月6日). 2019年12月6日閲覧。
  26. ^ 石井百合子 (2020年12月19日). “イケボの主は中村倫也だった!『私をくいとめて』イベントでサプライズ発表”. シネマトゥデイ. 2020年12月19日閲覧。
  27. ^ “中村倫也、劇場版「岩合光昭の世界ネコ歩き」第2弾のナレーションを担当「ねこって飽きない」”. 映画.com. (2020年9月8日). https://eiga.com/news/20200908/3/ 2020年11月29日閲覧。 
  28. ^ “北川景子×堤幸彦「ファーストラヴ」に中村倫也、芳根京子、窪塚洋介が出演”. 映画ナタリー. (2020年7月31日). https://natalie.mu/eiga/news/389794 2020年7月31日閲覧。 
  29. ^ “大泉洋主演『騙し絵の牙』追加キャスト 宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也ら12人”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2153125/full/ 2020年1月15日閲覧。 
  30. ^ “篠原涼子×バカリズム×大九明子『ウェディング・ハイ』公開へ 中村倫也、岩田剛典ら共演”. Real Sound (リアルサウンド映画部). (2021年9月1日). https://realsound.jp/movie/2021/09/post-849026.html 2021年9月1日閲覧。 
  31. ^ 「ハケンアニメ!」実写化 吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子が出演”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME (2021年11月25日). 2021年11月25日閲覧。
  32. ^ 初々しい中村倫也のお宝ショット!恋する高校生姿にキュン”. ホミニス. 2020年2月18日閲覧。
  33. ^ イントロダクション”. TVドラマ『REPLAY&DESTROY』公式サイト. 2021年6月1日閲覧。
  34. ^ “堤真一×小泉今日子「スーパーサラリーマン左江内氏」、ムロツヨシら追加キャスト発表”. 映画ナタリー. (2016年11月22日). http://natalie.mu/eiga/news/210265 2016年11月22日閲覧。 
  35. ^ “中村倫也「左江内氏」で魅せる軽妙さ ムロツヨシと織りなす「アホとアホ」”. Sponichi Annex. (2017年2月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/04/kiji/20170204s00041000150000c.html 2017年2月5日閲覧。 
  36. ^ “仲里依紗主演“不倫”ドラマ、塚本高史、中村倫也、壇蜜ら出演決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年12月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2102004/full/ 2017年12月11日閲覧。 
  37. ^ “中村倫也が第6話に出演 主人公のシナリオを狂わす男役で”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年2月10日). オリジナルの2018年2月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180211071700/https://mainichi.jp/articles/20180209/dyo/00m/200/046000c 2018年2月11日閲覧。 
  38. ^ 浜辺美波:4月期連ドラでKY毒舌の新人パティシエに! 中村倫也らと「崖っぷちホテル!」出演”. まんたんウェブ. 株式会社MANTAN (2018年2月28日). 2018年2月28日閲覧。
  39. ^ “「今日から俺は!!」敵キャラに城田優や中村倫也、福田組初参加の須賀健太ら11名”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年9月24日). https://natalie.mu/comic/news/300879 2021年2月23日閲覧。 
  40. ^ “亀梨和也主演『東野圭吾 手紙』兄役は佐藤隆太、ヒロイン役は本田翼”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2018年11月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2123769/full/ 2018年11月20日閲覧。 
  41. ^ “深キョン、1月連ドラで主演 永山絢斗×横浜流星×中村倫也に囲まれラブコメ「なんともぜいたく」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2121983/full/ 2018年10月25日閲覧。 
  42. ^ 中村倫也、『凪のお暇』で黒木華の隣人に 物語をかき乱すキーパーソン”. クランクイン! (2019年6月14日). 2019年6月14日閲覧。
  43. ^ 田中圭&中村倫也、初の濃密共演で“生き別れの兄弟”役 かつてないバディ・ドラマに”. ORICON NEWS (2019年10月17日). 2019年10月18日閲覧。
  44. ^ 中村倫也、12年半ぶり連ドラ主演 東村アキコ原作『美食探偵―明智五郎―』実写化”. ORICON NEWS (2020年1月21日). 2020年1月21日閲覧。
  45. ^ 森七菜ドラマ初主演 恋の相手は中村倫也「ワクワク頑張っていきたい」「分かりづらい優しさの男を甘辛く演じられたら」:中日スポーツ・東京中日スポーツ”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2020年9月5日). 2020年9月5日閲覧。
  46. ^ 原作:荒木飛呂彦×主演:高橋一生「岸辺露伴は動かない」12/28から3夜連続放送!”. NHK (2020年10月14日). 2020年10月14日閲覧。
  47. ^ 中村倫也、原作ソックリで話題!ドラマ「珈琲いかがでしょう」に主演「お待たせしました」” (日本語). スポーツ報知 (2021年1月7日). 2021年1月7日閲覧。
  48. ^ 「コントが始まる」中村倫也、“マクベス”マネージャーとして登場 「色気ある」「無精髭レア」と反響”. modelpress (2021年4月24日). 2021年4月24日閲覧。
  49. ^ バイク事故による骨折で降板した永山絢斗の代役。
  50. ^ “劇団☆新感線「Vamp Bamboo Burn」宮藤官九郎が当て書き、“無様”な生田斗真も”. ステージナタリー. (2016年6月9日). http://natalie.mu/stage/news/190191 2016年6月10日閲覧。 
  51. ^ “アニメ映画版「100日後に死ぬワニ」に神木隆之介、中村倫也、木村昴、新木優子! 5月28日に公開”. 映画.com. (2021年2月17日). https://eiga.com/news/20210217/1/ 2021年2月17日閲覧。 
  52. ^ “ディズニー実写「アラジン」吹き替え版の主人公は中村倫也! ジャスミン役は木下晴香に”. 映画.com. (2019年4月10日). https://eiga.com/news/20190410/1/ 2019年4月11日閲覧。 
  53. ^ 菅田将暉とピエール瀧が吉野家CMで共演、演出は山崎貴が担当”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年5月26日). 2016年5月26日閲覧。
  54. ^ “中村倫也が人生初の“ママ”役、クールなドヤ顔でママ友を凌駕”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年10月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2121212/full/ 2018年10月13日閲覧。 
  55. ^ Simeji(しめじ)日本語入力をもっと楽しくする、きせかえキーボードアプリ”. Simeji. バイドゥ. 2018年10月13日閲覧。
  56. ^ 中村倫也、新田真剣佑、安田顕がアンバサダー ダート競馬の祭典『JBC』CM” (日本語). CINRA.NET. 2021年3月6日閲覧。
  57. ^ 1周年記念新情報&新CM発表会開催決定!”. スクウェア・エニックス (2020年9月3日). 2020年9月3日閲覧。
  58. ^ “西島秀俊・中村倫也が「仮面ライダーBLACK SUN」でW主演、光太郎と信彦に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年11月21日). https://natalie.mu/eiga/news/454391 2021年11月21日閲覧。 
  59. ^ STAFFCAST”. 「とーとつにエジプト神」アニメ公式サイト. 2020年8月29日閲覧。
  60. ^ “アカシック、女性の思いを男性目線で描く新曲MVに中村倫也”. 音楽ナタリー. (2016年4月5日). http://natalie.mu/music/news/182320 2016年4月5日閲覧。 
  61. ^ 広島・原爆資料館、リニューアルの狙いとは? ナレーションは中村倫也”. マイナビニュース (2019年8月6日). 2019年8月7日閲覧。
  62. ^ ルビー・パーティー開発の新作「FabStyle」がNDS/3DSに向けて11月24日に発売。おしゃれに仕事に恋にと“最高の生き方”を追求しよう”. 4Gamer.net. 2011年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]