中村倫也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかむら ともや
中村 倫也
本名 中村 友也
生年月日 (1986-12-24) 1986年12月24日(32歳)
出生地 日本の旗 日本東京都[1]
国籍 日本
身長 170cm[2]
血液型 A型[3]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2005年 -
事務所 トップコート
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
風のハルカ
ホリデイラブ
半分、青い。
初めて恋をした日に読む話
凪のお暇
映画
星ガ丘ワンダーランド
あさひなぐ
孤狼の血
台風家族
舞台
ヒストリーボーイズ
ライチ☆光クラブ
吹き替え
アラジン
テンプレートを表示

中村 倫也(なかむら ともや[4]1986年12月24日[4] - )は、日本俳優。旧芸名は本名である中村 友也(読み同じ)。

東京都出身[4]トップコート所属[4]

略歴[編集]

高校1年生のときに所属事務所からスカウトを受ける[5]。所属事務所の養成所Artist☆Artistにて、演技を学ぶ。

2005年、映画『七人の弔』で俳優デビュー[4]

芸能生活10周年の2014年に『ヒストリーボーイズ』にて舞台初主演。同作により第22回読売演劇大賞優秀男優賞受賞。

2018年NHK連続テレビ小説半分、青い。』で朝井正人役で出演し、知名度が上がるきっかけとなる[6]

同年、Yahoo!検索大賞俳優部門受賞。

2019年、オーディションによって実写版『アラジン』で主人公 アラジンの吹き替えを担当する。起用の決め手となったのは中村の「ホール・ニュー・ワールド」の歌声だったという[7]

人物[編集]

本名は中村友也であり、replay&destroyのDVD特典である座談会で明かしている。

二人兄弟の次男。

生き物が好きで、ハムスター2匹と、90cm水槽でポリプテルス(古代魚)等を飼っている。現在最も飼いたい動物はナマケモノ

左耳に3つ、右耳に2つピアスホールがある。

趣味は散歩写真撮影[4]サッカー[5]など。学生時代はずっとサッカーに熱中しており、高校もサッカー強豪校を選んで進学した。

自身のトークライブでは、企画、構成、演出、映像制作なども行っている。

お笑い芸人バナナマンを敬愛しており、TBSラジオで放送中の「『バナナマンのバナナムーンGOLD』は憧れの番組」と自身のTwitterに綴っている[8]。その後、2018年12月28日に同番組の企画『第12回バナナムーン超内々紅白歌合戦』に出演。自身が出演しているドラマ『半分、青い。』の主題歌である星野源の「アイデア」を歌唱した。なおオファーに関しては放送日から約2週間前にマネージャーから「28日に1つオファーが来てます」と伝えられ、それが『バナナムーン』であることを瞬時に察し、即決で受けたとの事[9]

最も仲が良い友人として生田斗真を挙げており、小池栄子や同じ事務所の松坂桃李菅田将暉とも仲が良い。また若手時代は八嶋智人の家で頻繁にご馳走になり、お世話になった先輩として古田新太堤真一の名前をよく挙げている。

2018年6月14日に放送された『ZIP!』(日本テレビ系)に出演した際、マネージャーから「カメレオン俳優が最近多いから別の言葉を探してください」と言われたエピソードを紹介、ミミックオクトパス俳優を自称した[10][11]

受賞歴[編集]

2014年

2018年

2019年

出演[編集]

映画[編集]

公式ウェブサイトの「BIOGRAPHY」[13]における「MOVIE」のページをもとに記述。

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

公式サイトの「BIOGRAPHY」[13]における「STAGE」のページをもとに記述。

  • 黄昏(2006年12月) - ビリー 役
  • 恋の骨折り損(2007年3月 - 5月) - キャサリン 役
  • さらば、わが愛 覇王別姫(2008年3月 - 4月) - 小四 役
  • 悪夢のエレベーター(2008年9月) - 牧原 役
  • 真心一座 身も心も 流れ姉妹〜獣たちの夜〜(2009年2月)
  • SEMINAR(2009年5月 - 6月) - ジェイソン 役
  • バンデラスと憂鬱な珈琲(2009年11月)
  • えれがんす(2010年1月) - 悦太郎 役
  • muro式 4(2010年7月 - 8月) - Z 役
  • 薄桜鬼 新選組炎舞録(2010年10月) - 斎藤一
  • JAPAN MEETS… -現代劇の系譜をひもとく-III わが町(2011年1月) - ジョージ・ギブス 役
  • ぼっちゃま(2011年5月 - 6月) - 信次郎 役
  • ロッキーホラーショー(2011年12月 - 2012年2月) - ブラッド 役
  • ハンドダウンキッチン(2012年5月 - 6月) - 山田浩彦 役[24]
  • RENT(2012年10月 - 12月) - ロジャー 役
  • 八犬伝(2013年3月 - 4月、シアターコクーンほか) - 犬坂毛野 役
  • ヴェニスの商人(2013年9月 - 10月、彩の国埼玉芸術劇場ほか) - ポーシャ 役
  • フルモンティ(2014年1月 - 2月、国際フォーラムC) - マルコム 役
  • 青年Kの矜持(2014年5月、俳優座劇場) - 青年K 役
  • HISTORY BOYS(2014年8月29日 - 9月21日、世田谷パブリックシアターほか) - 主演・アーウィン
  • 残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』(2015年12月18日 - 27日、AiiA 2.5 Theater Tokyo) - 主演・ゼラ
  • SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜~』(プレビュー2016年8月5日 - 7日、8月17日 - 10月31日、赤坂ACTシアターほか) - 竹井京次郎 役[25]
  • 怒りをこめてふり返れ(2017年7月12日 - 30日、新国立劇場小劇場THE PIT) - 主演・ジミー
  • クラッシャー女中(2019年3月22日 - 4月25日、本多劇場ほか) - 主演・義則 役(麻生久美子とダブル主演)
  • ケンジトシ (2020年6月 - 7月初旬予定、紀伊国屋ホール,サンケイホールブリーゼ) - 未定

吹き替え [編集]

CM[編集]

  • 吉野家(2016年5月 - )[27]
  • ダイワハウス D-room(2016年8月 - )
    • 『はじまり 篇』(2016年)
    • 『朝 篇』(2017年)
    • 『夫の心配 篇』(2018年)
    • 『妻、出張中 篇』(2019年)
  • Simeji (2018年10月 - )[28] - Simejiママ[29]
  • ピエトロ(2018年10月 - )
  • ABCマート(2018年11月 - )
  • ブルボン ルマンドアイス(2019年2月 - )
  • 東京シティ競馬「夜遊び方改革」
    • 『登場 篇』(2019年4月 - )
    • 『接待 篇』(2019年6月 - )
    • 『熱い 篇』(2019年8月 - )
  • TikTok (2019年7月 - )
  • QUICPay (2019年8月 - )
  • アサヒスーパードライ
    • 『2人のトライ 篇』(2019年11月 - )
  • ブルボン ルマンド
    • 『ブルボン男子 篇』(2019年11月 - )

ネット配信[編集]

ドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

  • お残しは許しまへんでっ!(2013年4月 - 2014年12月、トップコート×アメーバスタジオ月1レギュラー番組)

ウェブCM[編集]

  • 本田技研工業 Webムービー「ある日突然グリーンマシーン」(2008年)
  • maruhoニキビ一緒に治そうProject WEBムービー「ニキビも、悩みも、小さなうちに」篇(2018年9月 - )
  • AGC株式会社 Web限定Movie「言えなかった男編」(2018年3月18日 - )

ミュージックビデオ[編集]

公式サイトの「BIOGRAPHY」[13]における「OTHER」のページをもとに記述。

ナレーション[編集]

ゲーム[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 中村倫也 最初の本『童詩』(2018年8月1日発売)

連載[編集]

  • 「役者 中村倫也の孤軍奮闘記」雑誌『大人のおしゃれ手帖』(2016年4月号 - 2018年3月号)
  • 「中村倫也のやんごとなき雑談」雑誌『ダ・ヴィンチ』(2018年11月号 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  2. ^ 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  3. ^ 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  4. ^ a b c d e f スタープロフィール|中村 倫也”. Web版TVスター名鑑. 東京ニュース通信社. 2013年9月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月9日閲覧。
  5. ^ a b くれい響 (2012年10月5日). “ミュージカル「RENT」でメインキャストに選ばれた中村倫也”. CREA WEB. 文藝春秋. 2013年3月9日閲覧。
  6. ^ 中村倫也:朝ドラの“ゆるふわ男子”でブレーク モラハラ夫から不良まで“カメレオン俳優”の1年を振り返る” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2019年4月13日閲覧。
  7. ^ 『アラジン』プレミアム吹替版キャスト決定!アラジン役に中村倫也さん&ジャスミン役に木下晴香さん|映画|ディズニー公式”. ディズニー公式. 2019年4月13日閲覧。
  8. ^ 中村倫也 “敬愛する”コンビのラジオで名前があがり「ニヤニヤが止まりません…!」”. モデルプレス (2018年11月5日). 2018年11月14日閲覧。
  9. ^ JUNK バナナマン「年末恒例、超内々紅白歌合戦!」”. TBSラジオ (2018年12月31日). 2018年12月31日閲覧。
  10. ^ “朝ドラ俳優・中村倫也、”タコ”俳優と呼ばれたい!?”. E-TALENTBANK co.,ltd.. (2018年6月15日). https://e-talentbank.co.jp/news/60830/ 2019年9月21日閲覧。 
  11. ^ “俳優・中村倫也が自任する「ミミックオクトパス俳優」ってナンだ?”. アサジョ (徳間書店). (2018年6月21日). https://asajo.jp/excerpt/53997 2019年9月21日閲覧。 
  12. ^ 中村倫也が「麻酔薬のような男」を好演、『凪のお暇』で「助演男優賞」受賞【第17回コンフィデンスアワード・ドラマ賞】”. ORICON NEWS. 2019年11月4日閲覧。
  13. ^ a b c BIOGRAPHY|中村 倫也”. トップコート. 2013年3月9日閲覧。
  14. ^ 佐々木希×菅田将暉×市原隼人×杏×木村佳乃ら!中村倫也主演作に主役級キャスト集結”. シネマトゥデイ (2015年6月30日). 2015年6月30日閲覧。
  15. ^ “妻夫木聡×満島ひかり「愚行録」に小出恵介、市川由衣、中村倫也ら実力派ずらり”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年6月1日). http://eiga.com/news/20160601/6/ 2016年6月1日閲覧。 
  16. ^ 生田斗真×広瀬すず「先生!」に竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年12月5日). 2016年12月5日閲覧。
  17. ^ 中村倫也「非常に難易度の高い役でした」映画『影裏』で綾野剛の昔の友人に”. ORICON NEWS. 2019年9月19日閲覧。
  18. ^ Inc, Natasha. “中村倫也が1人7役挑戦、曜日ごとに別々の“僕”演じる「やっかいだなあ~」(コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2019年10月11日閲覧。
  19. ^ 佐藤浩市・石田ゆり子・西島秀俊ら豪華キャスト集結 映画「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」制作決定 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2019年12月6日閲覧。
  20. ^ “中村倫也が第6話に出演 主人公のシナリオを狂わす男役で”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年2月10日). オリジナルの2018年2月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180211071700/https://mainichi.jp/articles/20180209/dyo/00m/200/046000c 2018年2月11日閲覧。 
  21. ^ “深キョン、1月連ドラで主演 永山絢斗×横浜流星×中村倫也に囲まれラブコメ「なんともぜいたく」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2121983/full/ 2018年10月25日閲覧。 
  22. ^ 中村倫也、『凪のお暇』で黒木華の隣人に 物語をかき乱すキーパーソン /2019年6月14日 - エンタメ - ニュース - クランクイン!”. www.crank-in.net. 2019年6月14日閲覧。
  23. ^ 田中圭&中村倫也、初の濃密共演で“生き別れの兄弟”役 かつてないバディ・ドラマに”. ORICON NEWS. 2019年10月18日閲覧。
  24. ^ バイク事故による骨折で降板した永山絢斗の代役。
  25. ^ “劇団☆新感線「Vamp Bamboo Burn」宮藤官九郎が当て書き、“無様”な生田斗真も”. ステージナタリー. (2016年6月9日). http://natalie.mu/stage/news/190191 2016年6月10日閲覧。 
  26. ^ “ディズニー実写「アラジン」吹き替え版の主人公は中村倫也! ジャスミン役は木下晴香に”. 映画.com. (2019年4月10日). https://eiga.com/news/20190410/1/ 2019年4月11日閲覧。 
  27. ^ 菅田将暉とピエール瀧が吉野家CMで共演、演出は山崎貴が担当”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年5月26日). 2016年5月26日閲覧。
  28. ^ “中村倫也が人生初の“ママ”役、クールなドヤ顔でママ友を凌駕”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年10月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2121212/full/ 2018年10月13日閲覧。 
  29. ^ Simeji(しめじ)日本語入力をもっと楽しくする、きせかえキーボードアプリ”. Simeji. バイドゥ. 2018年10月13日閲覧。
  30. ^ 以下のページの「OTHER」の欄をもとに記述。SCHEDULE”. トップコート. 2013年9月25日閲覧。
  31. ^ “アカシック、女性の思いを男性目線で描く新曲MVに中村倫也”. 音楽ナタリー. (2016年4月5日). http://natalie.mu/music/news/182320 2016年4月5日閲覧。 
  32. ^ 広島・原爆資料館、リニューアルの狙いとは? ナレーションは中村倫也”. マイナビニュース (2019年8月6日). 2019年8月7日閲覧。
  33. ^ ルビー・パーティー開発の新作「FabStyle」がNDS/3DSに向けて11月24日に発売。おしゃれに仕事に恋にと“最高の生き方”を追求しよう”. 4Gamer.net. 2011年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]