中国興業銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

株式会社中国興業銀行(ちゅうごくこうぎょうぎんこう)は、日本の鳥取県米子市にかつて存在した普通銀行である。

概要[編集]

明治30年(1897年)、鳥取県最初の貯蓄銀行として米子銀行内に設立された同行は、明治44年(1911年)その本店を法勝寺の角に新築した[1]

大正2年(1913年資本金を9万円に増資し、支店も各地にふえた[1]。その間、大正8年(1919年)には預金取付騒ぎなどもあったが、大正11年(1922年)1月、貯蓄銀行法の施行に伴って、行名を中国興業銀行と改め、普通銀行に転換した[1]資本金を50万円、頭取名島嘉吉郎常務取締役野坂吉五郎であった[1]

大正15年(1926年)には米子銀行との間に合併の話がもち上ったが延期となり、結局、昭和3年(1928年)2月になって合併が実現した[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『米子経済九十年の歩み』87頁

関連[編集]