中国ソフトウェア産業協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中国ソフトウェア産業協会 (中国語: 中国软件行业协会、英文名称:China Software Industry Association)は英文略称でCSIAとも呼ばれ、1984年北京で設立され、中国のソフトウェア産業に従事する企業・機構が所属する団体である。各省のソフトウェア産業協会、その下の各市のソフトウェア産業協会からなる全国組織の頂点に立ち、ソフトウェア産業政策を全国に伝える役割、対外的に中国を代表する役割などを持つ。 [1]

日本では情報サービス産業協会(JISA)、コンピュータソフトウェア協会 (CSAJ)、情報処理推進機構 (IPA)、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、組込みシステム技術協会 (JASA)など、自発的に・目的別に組織されているソフトウェア関連各種団体のすべての分野を傘下に持っている。 [2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中国ソフトウェア産業協会の2008年度報告 (英文)
  2. ^ 中国軟件行業協会(百度百科) (中文)

外部リンク[編集]