下麻生町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下麻生町
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 分割編入
現在の自治体 川辺町七宗町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
加茂郡
面積 9.14km2.
総人口 1,899
(1956年)
隣接自治体 加茂郡七宗村川辺町
美濃加茂市
下麻生町役場
所在地 岐阜県加茂郡下麻生町
 表示 ウィキプロジェクト

下麻生町(しもあそうちょう)は、かつて岐阜県加茂郡にあったである。

飛騨川流域の町であり、分割編入され、現在の加茂郡川辺町北部、七宗町南部に該当する。

歴史[編集]

  • 江戸時代、この地域は美濃国加茂郡に属し、尾張藩領であった。切り出した木材は1本単位で飛騨川を流し、下麻生村の下麻生湊で筏を組んで下流に流したという。下麻生村は飛騨川の重要な湊であった。
  • 1893年(明治26年)4月27日 - 麻川村が分割され、上川辺村と下麻生村(ともに2代)となる。
  • 1896年(明治29年)11月13日 - 下麻生村は町制施行し、下麻生町となる。
  • 1956年昭和31年)9月30日 - 下麻生町は分割され、北部の中麻生地区は加茂郡七宗村に、南部の下麻生地区は加茂郡川辺町に編入される。

学校[編集]

交通[編集]

その他[編集]

  • かつての下麻生町役場の建物(1922年完成・木造)は移築され、川辺町内に公民館として現存している。

関連項目[編集]