下腹壁動脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

下腹壁動脈(かふくへきどうみゃく、inferior epigastric artery)は外腸骨動脈から分岐し腹部を上行したのち、上腹壁動脈へと交通する動脈である。下腹壁静脈と伴行する。

走行[編集]

外腸骨動脈から分岐し、上内側に曲がって腹横筋膜と腹膜の間を腹直筋の後面まで進み、腹直筋鞘の中に入る。腹直筋と腹直筋鞘の間をまっすぐ上行したのち、の上方で上腹壁動脈に交通する。 精管(女性では子宮円索)は下腹壁動脈の前外側を越えて曲がる。

関連項目[編集]