下書きのイオータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下書きのイオータ(したがきのイオータ、ラテン語: Iota subscriptumギリシア語: ὑπογεγραμμένη)は、ギリシア語のアクセント注記式正書法に用いるもので、イオータを母音の下に小さく書くときのことを言う。古代ギリシア語表記において、いわゆる「長い二重母音」のᾳ, ῃ, ῳに用いられたものである。

概要[編集]

古代のギリシア語においては、長母音にιのついた二重母音 ᾱι ηι ωι /aːi, ɛːi, ɔːi/ があり、例は少ないながら ᾱυ ηυ ωυ /aːu, ɛːu, ɔːu/ も存在した。しかし、紀元前2世紀までにこれらの長い二重母音の第2要素のi/uは失われて単なる長母音 ᾱ η ω に合流し、ディオニュシオス・トラクスはすでにこれらのつづりの「ι」が発音されないと言っている[1]。ビザンチン時代初期の写本では読まれないイオタが通常省略されて単に α, η, ω と書かれたが、13世紀ごろにイオタを母音の下に補ってᾳ ῃ ῳと書く習慣が生まれた[2]。これを「下書きのイオタ」と呼ぶ。

母音が大文字の場合には、イオタは右に表記される。これを「横書きのイオタ」という(ラテン語: Iota adscriptum)。その場合、ダイアクリティカルマークはイオタではなく、その左の母音字につけられる(例: Ἅιδης ハーデース[2]

現代の習慣としては、下書き(または横書き)のイオタは読まれないのが普通である[1]

下書きのイオタは、とくに名詞の単数与格の語尾として出現することが多い(例: ὅς(関係代名詞)の与格 )。

近年、イオタは母音文字の下ではなく、右に表記する場合も増えてきた。この横書きのイオタは、しかし、前接する母音にくらべて、いちじるしく小さいおおきさで印刷されることがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Allen (1987) pp.84-87
  2. ^ a b Threatte (1996) p.273

参考文献[編集]

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521335558 
  • Leslie Threatte (1996). “The Greek Alphabet”. In Peter T. Daniels; William Bright. The World's Writing Systems. Oxford University Press. pp. 271-280. ISBN 0195079930