下垂体機能低下症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hypopituitarism
Gray1180.png
The pituitary gland on a plate from Gray's Anatomy (1918). The anterior lobe is on the left, and the posterior lobe on the right, both in red.
分類及び外部参照情報
ICD-10 E23.0, E89.3
ICD-9 253.7
DiseasesDB 6522
MedlinePlus 000343
eMedicine emerg/277 med/1137 ped/1130
Patient UK 下垂体機能低下症
MeSH D007018

下垂体機能低下症(かすいたいきのうていかしょう)は下垂体前葉ホルモンであるACTHTSHGHLHFSHプロラクチンの一つ以上の分泌が低下した状態である。下垂体後葉ADHOT[要曖昧さ回避]を分泌し、これの異常は中枢性尿崩症と呼ばれる。

診断・症状[編集]

ACTH (副腎皮質刺激ホルモン)、TSH (甲状腺刺激ホルモン)、GH (成長ホルモン)、LH (黄体形成ホルモン)、FSH (卵胞刺激ホルモン)、プロラクチンを血液検査で測定する。これらのホルモン値の分泌異常は副腎皮質ホルモン甲状腺ホルモンIGF-I性ホルモンの分泌異常につながるため、これらのホルモン値も測定する。下垂体からの全てのホルモンが分泌異常のものを汎下垂体機能低下症、複数のホルモンが分泌異常のものを部分型下垂体機能低下症、単一のホルモンの欠損を単独欠損症と呼ぶ。ACTHのみの欠損をACTH不応症と呼ぶ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]