上野街道 (名古屋市瑞穂区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

上野街道(うえのかいどう)は、京都鎌倉を結ぶ鎌倉街道のうち、愛知県名古屋市瑞穂区を通る部分の通称。

歴史的経緯[編集]

瑞穂区鎌倉街道は別名上野街道と呼ばれている。(根拠は『尾張徇行記』に記されている。) 「上野之路」は『張州雑誌』によると「井戸田より鳴海に至る」上野と呼ぶ者あり。 『尾張徇行記』にも「此のあたり上野街道の跡なると疑いなし。

すべて東海道が成立しない前のことである。[1]

ルート[編集]

ルートの出典[2]

  • 鎌倉往還
    • 1185年 駅路之法で定められる
    • 1192年 鎌倉幕府成立以後、整備される。
    • 京鎌倉街道往還の一部と伝わる。
「なるみ潟 汐干に浦や なりぬらむ 上野の道を行く人もなし」
(藤原景綱:平安末期の武将)
  • 京鎌倉街道のルート
    • 京都→近江→関ケ原→美濃(古代東山道)
    • 洲俣(すのまた、墨俣)※:木曽を渡る→折戸→萱津→熱多(熱田)→井戸田(上野街道と呼ばれる)→鳴海→二村山(沓懸)

※洲俣 洲俣とかやいふ河には 舟を並べて 正木の綱にあらむ かけとどめたる浮橋あり いとあやしけれど渡る 『十六夜日記』(弘安2年)

一前条ニ所戴ノ石地蔵ヲ府志ニ道祖神ノ像トスル説ニヨリテ、今村ニ就テ上野ノ路ノ跡ヲ尋ヌレハ、大喜村ノ東ニ烏帽子街道と云字ノ所アリ、又ソレヨリ井戸田八幡ノ神主宅ノ前ノ地ヲ、於今上野街道ト字ヲ呼ヨシ、サレハ此アタリ上野街道ノアトナルコト疑イナシ、此村桜村古鳴海程近シ[3]

上野街道にある史跡[編集]

龍泉寺
  • 藤原師長謫居跡 - 嶋川稲荷の中に謫居址の碑がある。井戸田付近に流された太政大臣藤原師長の屋敷があった[4]
  • 亀井山龍泉寺 - 行基(670-750)が開基した薬師寺という大寺の塔頭に龍泉庵・龍雲庵・福伝院・妙喜院・蔵伝庵の5庵あり、応仁の乱(1464年)の頃に龍泉庵のみ残り、亀井山龍泉寺となる[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『瑞穂区区制二十周年記念』
  2. ^ 池田誠一『なごやの鎌倉街道をさがす』風媒社、2012年
  3. ^ 『名古屋叢書続編 第四巻 尾張徇行記(1)』
  4. ^ a b 池田誠一『なごやの鎌倉街道をさがす』風媒社、2012年、pp.89-91

参考文献[編集]

  • 『瑞穂区の歴史』愛知県郷土資料刊行会、1985年
  • 『瑞穂区誌』瑞穂区役所、1994年
  • 『瑞穂区史 区制施行50周年記念』瑞穂区役所、1994年
  • 名古屋市教育委員会『名古屋の史跡と文化財』名古屋市教育委員会、1970年