三竃島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯22度2分38.7秒 東経113度20分47.8秒

本来の表記は「三灶島」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
三竃島
繁体字 三竈島
簡体字 三灶岛

三灶島(さんそうとう)は中国南部にあった島。島名は、島内を縦断する三本の尾根が、上空から俯瞰するとちょうどの形のように見えることに由来するという[1]

概要[編集]

1938年2月(旧暦1月)、日本海軍は中国本土爆撃用の飛行場適地を探して蓮塘湾から三灶島に上陸したが、このときは住民に危害を加えることなく、いったんは横琴島方面に退却した。しかし1938年4月(旧暦3月)、海軍陸戦隊6,000人を満載した上陸用舟艇が再び三灶島に上陸、大規模な掃討作戦を展開。三灶島を占領し、中国本土爆撃用の秘密飛行場(第六航空基地)を建設した[2]。そもそも三灶島は貧しい半農半漁の島で、国民党統治時代には、現在の珠海空港に沿った「五保」(5つの村落)と、島中央部にひろがる平野部にある「十三保」(13の村落)で構成されていた。1940年から二次にわたり、沖縄から「軍属」として、農業移民100家族、約400人が入植した。これら農業移民の子弟のための興亜第一国民学校(現中興小学)が開校したほか、日本軍に帰順した海岸沿いの島民向けの興亜第二国民学校(現海澄小学)が開校し、日本人、台湾人軍属らが教壇に立ち、卒業生を出していた。このほか、島中心部には神社(現三灶鎮政府庁舎敷地内)があったほか、興亜第二国民学校近くにも鳥居のある祠があった。現在では戦後の埋め立て工事によって大陸と地続きになっている。広東省珠海市金湾区三灶鎮。国内空港である珠海金湾空港があり、北京上海など一日20便あまりが発着している。現地は珠江三角州の河口部に立地し、豊富な土地、水資源に恵まれているうえ、航空、海運、陸上輸送の要衝に有り、隣接する横琴島とともに工場誘致が進み、台湾日本など海外資本の工場が進出しており、珠海経済特区有数の工場地帯となった。隣接する横琴島、さらにその隣のマカオともども、中国第四の大河珠江が運ぶ川砂でしだいに海が埋まり、陸地面積が広がるという宿命にあり、戦後進んだ埋め立てと相まって、往時の原地形は著しく失われている。三灶島も現在は橋梁で他の地区と結ばれ、拱北、香洲など珠海市中心部とは、高速道に匹敵する快適な道路で結ばれており、自動車で約40分から1時間の行程である[3]

脚注[編集]

  1. ^ 中国語繁体字では「三竃島」となるが、繁体字を使用している台湾、香港、マカオでも「三灶島」の文字を使用しているほか、1938年4月から敗戦までこの島を占領した日本海軍も当時から公式文書で「三灶島」の漢字を使用していた
  2. ^ 第六航空基地司令官『軍極秘 三灶島特報』第一号~第五号 1938年6月15日~10月1日発行 防衛省防衛研究所戦史室架蔵史料 謄写版印刷
  3. ^ 「中国地理」鄭平,90ページ,五州伝播出版社、2006年