三宅篤夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三宅 篤夫(みやけ あつお、1879年10月19日 - 1961年9月25日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍少将陸士12期憲兵科。和歌山県士族出身。

略歴[編集]

  • 1914年(大正3年)6月29日 陸軍憲兵学校首席で卒業(第16期)
  • 1919年(大正8年)7月25日 台湾憲兵隊長
  • 1922年(大正11年)8月15日 任憲兵大佐
  • 1923年(大正12年)8月6日 憲兵司令部附
  • 1923年(大正12年)9月1日 関東大震災
  • 1923年(大正12年)9月16日 甘粕事件
  • 1923年(大正12年)9月20日 東京憲兵隊長
  • 1924年(大正13年)1月10日 小倉憲兵隊長
  • 1927年(昭和2年)7月26日 任陸軍少将、待命
  • 1927年(昭和2年)12月16日 予備役編入

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3559号「叙任及辞令」1924年7月4日。

外部リンク[編集]