万屋吉兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

万屋 吉兵衛(よろずや きちべえ、生没年不詳)とは江戸時代末期の江戸地本問屋である。

来歴[編集]

万吉と号す。幕末[1]に江戸の芝神明前清兵衛店において地本問屋を営業している。勝川春朗歌川広重歌川芳員錦絵を出版している。

作品[編集]

  • 勝川春朗 「江都両国橋夕涼花火之図」 横大判 錦絵 ※西村屋与八版「新板浮絵両国橋夕涼花火見物之図」の後版
  • 歌川広重 「曽我物語図会」 大判 錦絵揃物
  • 歌川芳員 「仏蘭西人」 大判 錦絵 文久1年(1861年)
  • 歌川芳員 「英吉利人」 大判 錦絵 文久1年
  • 歌川芳員 「亜墨利加人」 大判 錦絵 文久1年

脚注[編集]

  1. ^ 『浮世絵の基礎知識』は天保・弘化頃とするが、実際には文久1年の作品がみられる。

参考文献[編集]