一簾亭関斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一簾亭 関斎(いちれんてい かんさい、生没年不詳)とは江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

関斎と号す。嘉永頃、歌川国芳風の風刺画を描いている。国芳との関係は未詳である。大判の錦絵「楽駝といふ獣物」1点が知られている。

参考文献[編集]