一港斎永林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「横浜名所之内 大日本横浜根岸万国人競馬興行ノ図」 永林画。

一港斎 永林(いっこうさい えいりん、生没年不詳)とは、明治時代浮世絵師

来歴[編集]

師系・経歴不明。明治5年(1872年)版行の錦絵11点が作として知られるのみであり、永林と称するが「永林信實」と署名したものもある。これらは全て横浜絵である。

作品[編集]

  • 「横浜名所之内」 大判錦絵10枚揃 ※明治5年。蒸気車館昌栄の図、本町朝きり、谷戸山雪中、厳島の杜、伊勢山大神宮、波戸場入船渡せん場野毛の眺望、鉄の橋朝さくら、大日本横浜根岸万国人競馬興行ノ図。師岡屋伊兵衛
  • 「横浜鉄道寮出車之図」 大判錦絵3枚続 ※明治5年

参考文献[編集]

  • 樋口弘 『幕末明治の浮世絵集成』 味燈書屋、1955年
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年