ヴュルテンベルクとバーデンの国境条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パリ国境条約(パリこっきょうじょうやく、ドイツ語: Grentvertrag von Paris)は、1810年10月2日に締結された、バーデン大公国ヴュルテンベルク王国の条約。条約により、ヴュルテンベルク領のホルンベルク・プロテスタント教区にバーデン領のサンクト・ゲオルゲン・イム・シュヴァルツヴァルト英語版シルタッハ英語版ホルンベルク英語版グータッハ英語版ライヒェンバッハ英語版なども含まれるようになった[1]

脚注[編集]

  1. ^ Gränzvertrag zwischen dem Königreich Würtemberg und dem Großherzogthum Baden” (ドイツ語). documentArchiv.de (2004年). 2017年7月2日閲覧。