ヴェロニカ・ドゥダロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェロニカ・ボリソヴナ・ドゥダロヴァ
Veronika Dudarova conductor.jpg
ヴェロニカ・ドゥダロワ(1986年)
基本情報
生誕 (1916-12-15) 1916年12月15日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦バクー
死没 (2009-01-15) 2009年1月15日(92歳没)
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

ヴェロニカ・ボリソヴナ・ドゥダロワ[1]ロシア語: Вероника Борисовна Дударова英語: Veronica Borisovna Dudarova, 1916年12月5日バクー2009年1月15日モスクワ)は、旧ソ連ならびにロシア指揮者。ロシアにおいて唯一オーケストラの指揮者として成功した女性として知られる。

経歴[編集]

バクーにおいて、オセチア系の旧貴族の家庭に生まれる[2]。5歳から地元のバクー音楽院付属音楽学校でピアノを学ぶ。しかし1930年代初頭に父親が弾圧をうけ、2人の姉妹も亡くなることとなり、1933年に母と共にレニングラードへ引っ越す。

1933年から1937年までレニングラード音楽院ピアノ科でパーヴェル・セレブリャーコフについて学ぶ。1937年にモスクワへ引っ越し、ピアニストとして活動するとともにボリス・ベルリン(Б. М. Берлин)について学びモスクワ音楽院入学を目指して学ぶ。翌年彼はドゥダロワに指揮科へ入学することを勧め、レオ・ギンズブルクに紹介している。1939年年にモスクワ音楽院指揮科に入学してレオ・ギンズブルクに師事し、後にニコライ・アノーソフに師事。1947年に同音楽院を卒業[2]

在学中の1944年に指揮者としてデビューする。その後は中央青少年劇場(ロシア語: РАМТ))で指揮者として活動をはじめ、1945年から1946年にはモスクワ音楽院附属オペラスタジオのアシスタント指揮者を務めている。1947年にはモスクワ国立交響楽団の指揮者となり、1960年に首席指揮者に昇進し、1989年まで同楽団を監督した。1991年には自前のロシア交響楽団を創設した[3]。そして1991年から2003年まで同交響楽団を率い、亡くなるまで芸術監督の座にあった[2]

家族[編集]

  • 母:エレーナ・ダニロヴナ・トゥスカエヴァ(Елена Даниловна Тускаева)
  • 父:ボリス・コンブラトヴィチ・ドゥダロフ(Борис Камбулатович Дударов)はエンジニア
  • 夫:最初の夫のボリス・ヴァインシュテイン(Борис Самойлович Вайнштейн)はチェスプレーヤー。
  • 夫:2番目の夫のユーリー・ヴラディミーロフ(Юрий Яковлевич Владимиров)は作曲家
  • 夫:3番目の夫のガブリエル・デボリン(Гавриил Деборин)は生物学者。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 力点を入れた読みの場合は、「ヴェロニーカ・ボリーソヴィナ・ドゥダーロヴァ」であるため、日本語では「ドゥダロヴァ」あるいは「ドゥダーロヴァ」とも表記される。
  2. ^ a b c Obituary (in Russian)”. gazeta.ru. 2009年1月16日閲覧。
  3. ^ Russian conductor Dudarova dies at 92”. Associated Press. 2009年1月16日閲覧。