ヴェリーキエ・ルーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
旧ヴェリーキエ・ルーキクレムリンの敷地内にある第二次世界大戦記念碑
ソ連邦英雄アレクサンデル・マトロソフの記念碑
市の紋章

ヴェリーキエ・ルーキ(ヴェリキエ・ルキ、ロシア語:Вели́кие Лу́киラテン文字表記の例:Velikiye LukiVelikie Luki)は、ロシア連邦プスコフ州南部の町。蛇行しながら流れるロヴァチ川の河畔にある。街の名は、「大きな蛇行」[1]という意味。人口は104,979人(2002年国勢調査)で、プスコフ州では2番目に大きな都市であり、ヴェリーキエ・ルーキ空港もある。南にはロシアとベラルーシの国境がある。

歴史[編集]

ヴェリーキエ・ルーキの名は年代記の1166年の条に初出する。1211年ノヴゴロド公国クレムリンを建設し、プスコフノヴゴロドの南を守る戦略的に重要な都市となった。1478年イヴァン3世の統治するモスクワ大公国に併合された。リューリク朝断絶後の大動乱の時代、この街は僭称者偽ドミトリー1世偽ドミトリー2世の支配下に置かれ、1611年の戦いで完全破壊されたが1619年に再建された。

17世紀にはロシアはヴェリーキエ・ルーキを拠点に南のリトアニア大公国への侵入を繰り返しポラツク(ポロツク)やヴィチェプスク(ヴィテブスク)などを征服したが、ポーランド・リトアニア共和国の反撃によりヴェリーキエ・ルーキはリトアニア領となり、1772年ポーランド分割で再びロシア領となった。20世紀初頭にモスクワリガを結ぶ鉄道が建設され、サンクトペテルブルクオデッサを結ぶ鉄道も西郊を通ることから、鉄道路線の集中する街としても繁栄した。

第二次世界大戦では、1941年1942年、ロヴァチ川や東西南北への鉄道が走るヴェリーキエ・ルーキ周辺はドイツ軍とソ連軍の激戦地となった。1942年末のヴェリーキエ・ルーキの戦いでは、街に立て篭もる7,000人ほどのドイツ軍部隊がソ連軍に包囲された。数ヶ月間にわたりスターリングラード攻防戦にも匹敵する激しい攻囲戦・市街戦が行われたが、ドイツ軍は包囲された部隊を救援する作戦に失敗し、1943年1月に降伏した。この戦闘で街並みは完全に破壊された。

ヴェリーキエ・ルーキはソ連邦元帥コンスタンチン・ロコソフスキーの出生地とされる。またソ連邦英雄となった兵士アレクサンデル・マトロソフはこの地に眠っている。この近くの村で生まれた音楽家モデスト・ムソルグスキーの記念館は町からほど近い湖のそばに建っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Лу́ки」は「川の湾曲部」を意味する「лука́」の複数形で、「川が蛇行している地帯」を意味する。また、同様に「Лу́ки」は「」を意味する「лук」の複数形でもあるので、町の紋章や旗には複数の弓の絵が描かれている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯56度20分24秒 東経30度32分05秒 / 北緯56.34000度 東経30.53472度 / 56.34000; 30.53472