ヴェラ・コミサルジェフスカヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴェラ・コミサルジェフスカヤ

ヴェラ・フョードロヴナ・コミサルジェフスカヤVera Fyodorovna Komissarzhevskaya ,: Вера Федоровна Комиссаржевская, 1864年11月8日 - 1910年2月23日)は、ロシアの女優。

サンクトペテルブルクのコミサルジェフスカヤの墓碑

ヴェラはマリインスキー劇場テノール歌手フョードル・コミサルジェフスキーの娘として生まれた。舞台演出家でのちイギリスに帰化したセオドア・コミサルジェフスキーは弟である。19歳でムラヴィオフ伯と結婚したが、結婚後も芸名は旧姓のままだった。1896年から、ヴェラはサンクトペテルブルクのアレクサンドリーネ劇場で俳優となった。彼女が最も高い評判を得たのは、1896年のアントン・チェーホフ作『かもめ』の初演で演じたニーナ役であった。

1904年、ヴェラは自身の名を冠したコミサルジェフスカヤ劇場を設立。ロシア象徴主義の思想をロシア貴族に広めることで、瞬く間に人気を得た。劇場は1906年にフセヴォロド・メイエルホリドを演出家に迎えたが、その年のうちに彼の特異なアプローチがヴェラとの仲違いを招いた。

1910年に国内巡業中、中央アジアタシュケントでヴェラは天然痘で命を落とした。彼女の死は多くの信望者に衝撃を与え、詩人アレクサンドル・ブロクは痛切な詩を書くきっかけとなった。サンクトペテルブルクの主要な劇場の一つが、ヴェラの名をいまだに冠している。

外部リンク[編集]