ヴィール・アム・カイザーシュトゥール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図(郡の位置)
Wappen Wyhls Locator map EM in Germany.svg
基本情報
連邦州: バーデン=ヴュルテンベルク州
行政管区: フライブルク行政管区
郡: エメンディンゲン郡
標高: 海抜 175 m
面積: 16.95 km²
人口:

3,532人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 208 人/km²
外国人: 3.6 %
郵便番号: 79369
市外局番: 07642
ナンバープレート: EM
自治体コード: 08 3 16 051
行政庁舎の住所: Hauptstraße 10
79369 Wyhl am Kaiserstuhl
公式ウェブサイト: www.wyhl.de
E-Mail: hauptamt@wyhl.de
首長: ヨアヒム・ルート (Joachim Ruth)

ヴィール・アム・カイザーシュトゥールWyhl am Kaiserstuhl, ドイツ語発音: [viːl -])は、ドイツ連邦共和国の村。バーデン=ヴュルテンベルク州エメンディンゲン郡に属する。人口は約3,500人。

反核運動[編集]

1970年代にヴィールで原子力発電所の建設計画が立案された。これに対してヴィールの住民は隣接する大学都市フライブルクの学生や市民と共に反原子力運動を呼びかけ、1975年や1982年には2万5千人~3万人の参加する反原子発電デモを行った。その結果として、バーデン=ヴュルテンベルク州の政府は原子炉建設計画を放棄し、ヴィールはドイツ反核運動に於いて初の成功のシンボルとなった。この出来事により、南西バーデン=ヴュルテンベルク(フライブルクとその近郊)はドイツの環境運動や緑の党の牙城となったのである。

引用[編集]

外部リンク[編集]