ヴィルホ・ランピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴィルホ・ランピ
Taidemaalari Vilho Lampi.JPG
ヴィルホ・ランピ
生誕 1898年7月19日
ロシアの旗 フィンランド大公国オウル
死没 1936年3月17日(満37歳没)
フィンランドの旗 フィンランド共和国オウル
国籍 フィンランド人
著名な実績 画家

ヴィルホ・ヘンリク・ランピフィンランド語: Vilho Henrik Lampi1898年7月19日 - 1936年3月17日)は、フィンランド出身の画家。自画像リミンカとそこに住む人々の絵画で知られる。

生涯[編集]

ランピはオウルで生まれたが、一生のほとんどをリミンカで過ごしている。1921年から1925年までフィンランド美術アカデミー英語版で学んだ後、リミンカに戻り、そこで有名な作品のほとんどを創作している。

ランピの墓、2009年撮影。

1936年3月17日、オウル滞在中のランピはオウル川にかけてある橋で投身自殺した[1]

ヴィルホ・ランピに関する作品[編集]

文学[編集]

  • Unto Immonen: Vilho Lampi, lakeuden melankoolikko in Suomen taiteen vuosikirja 1956–1957, Porvoo, 1957. (フィンランド語)
  • Paavo Rintala: Jumala on kauneus, (novel about Vilho Lampi) Otava, 1959. (フィンランド語)
  • Eeli Aalto: Vilho Lampi, lakeuden maalari : esittelyä ja taustaa, Arvi A. Karisto, Hämeenlinna, 1967. (フィンランド語)
  • Marja Junttila et al.: Vilho Lampi 1898–1936, ARS Nordica & Kustannus Pohjoinen, 1998 951-749-312-6 (フィンランド語)

映画[編集]

  • Eeli Aalto: Vilho Lampi, Lakeuden maalari, 1966.
  • Hannu Heikinheimo: Jumala on kauneus, 1985.

演劇[編集]

  • Kaija Viinikainen: Jumala on kauneus, Kajaanin kaupunginteatteri, 1981.
  • Kristian Smeds: Jumala on kauneus, Teatteri Takomo, 2000 and Finnish National Theatre, 2008.
  • Taisto Reimaluoto: Tässä on elämä, Kajaanin Runoviikko, 2001.

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Viimeiset vuodet” (フィンランド語). Oulu Art Museum. 2016年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]