ヴィルヘルム (セーデルマンランド公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィルヘルム
Prins Wilhelm
Hertig av Södermanland
Prins Wilhelm och prinsessan Maria med prins Lennart, foto Hofatelier Jaeger 1911.jpg
マリア夫人と長男レナートとともに(1911年)
続柄 グスタフ5世第二王子
称号 セーデルマンランド公爵
全名 Carl Wilhelm Ludvig
カール・ヴィルヘルム・ルードヴィグ
身位 Prins(王子)
敬称 英語の場合His Royal Highness(殿下)
出生 1884年6月17日
Swedish civil ensign (1844–1905).svg スウェーデン=ノルウェートローサツルガーン宮殿
死去 (1965-06-05) 1965年6月5日(80歳没)
 スウェーデンステンハンマル城
配偶者 マリア・パヴロヴナ英語版
子女 レナート英語版
父親 グスタフ5世
母親 ヴィクトリア・フォン・バーデン
テンプレートを表示

セーデルマンランド公爵ヴィルヘルム王子(スウェーデン語: Prins Wilhelm, Carl Wilhelm Ludvig, 1884年6月17日 - 1965年6月5日)は、スウェーデンの王族。

グスタフ5世とその王妃ヴィクトリア・フォン・バーデンの次男。前国王グスタフ6世アドルフの弟にあたる。

略歴[編集]

1908年5月3日に、ロシアツァールスコエ・セローで、ロシア皇族パーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公とアレクサンドラ・ゲオルギエヴナ大公妃の長女であるマリア・パヴロヴナ英語版と結婚した。

夫妻は一男レナート英語版をもうけたものの、結婚生活はうまくいかず、1914年に離婚した。後にマリアは、夫は同性愛者だったと周囲に語っていたが、それらを証明する物証は全く挙がっておらず、それどころかヴィルヘルムには晩年まで愛人がいたことで知られている。