ヴィラヌフ宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィラヌフ宮殿
ヴィラヌフ宮殿

ヴィラヌフ宮殿(ヴィラヌフきゅうでん、ポーランド語: Pałac w Wilanowie)は、ワルシャワ市の南端にあるバロック風の宮殿。

概要[編集]

ヤン3世ソビエスキ(Jan Ⅲ Sobieski)の夏の宮殿として17世紀に建築された[1]。現存するものは18世紀に拡大されたもので、イタリア人建築家による建造物。宮殿には、ヤン3世が集めた家具、時計、中国陶器、肖像画などの美術品の数々が残されている。宮殿を取り囲む庭園もすばらしく、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿にも似た美しい庭園である。

現在は公開されており、ワルシャワ人気の観光スポットとなっている

外部[編集]

内部[編集]

[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『地球の歩き方 2017〜18 チェコ/ポーランド/スロヴァキア』 ダイヤモンド・ビッグ社、2017年、243頁。ISBN 978-4-478-06043-8

外部リンク[編集]