ヴァシーリー・ドクチャーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴァシーリー・ドクチャーエフ
Dokuchaev 1888.jpg
生誕 1846年3月1日
ミリュコボ
死没 1903年11月8日
サンクトペテルブルク
署名
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヴァシーリー・ドクチャーエフロシア語: Васи́лий Васи́льевич Докуча́ев, ラテン文字転写: Vasily Vassilievitch Dokuchaev1846年3月1日 - 1903年11月8日)は、ロシアの地質学者地理学者。     

生涯[編集]

ロシア帝国スモレンスク地域の寒村ミリュコボで生まれた。両親は司祭だった。スモレンスク神学校やサンクトペテルブルク神学アカデミーで学ぶが、しかしのちに科学に転じて、サンクトペテルブルク大学に入学して自然科学を学ぶ[1]。1871年、同大学修士課程修了。1872年、同大学キュレーター。1878年、同大学博士号取得。サンクトペテルブルク大学で教授に任命された。長年にわたって勤めたあと1897年、健康を理由にして退職した。1883年に発表した論文「ロシアのチェルノーゼム」は大きな反響を呼び、土壌を分類するなど土壌学に多大な貢献を為した。1903年にロシア帝国サンクトペテルブルクで没した。同地にあるスモレンスキー・ルーテル派墓地に埋葬された。コンスタティン・グリンカ、ニコライ・シビルツェフ、ウラジーミル・ヴェルナツキーは弟子である。

ヴァシーリー・ドクチャーエフの墓地

ロシア帝国の聖スタニスラフ勲章と聖アンナ勲章、さらにフランスの農事功労章シュヴァリエ (Ordre du Merite agricole Chevalier)をそれぞれ授与された。 ロシア科学アカデミー会員。火星にあるドクチャーエクレーターはドクチャーエフの名前からきている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]