ワンハンド・デッドリフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワンハンド・サイド・デッドリフト(スタート)
ワンハンド・サイド・デッドリフト(フィニッシュ)

ワンハンド・デッドリフト(one hand dead lift)はウエイトトレーニングの種目の一つ。握力を強化することができる。肩甲骨を寄せる必要はない。ストラップを用いずに行う。また、バーベルで行う方が難度が高い。

具体的動作[編集]

バーベル・ワンハンド・デッドリフト[編集]

  1. パワーラックにセーフティバーをセットし、膝の皿の下あたりにバーベルが位置するようにする。
  2. 片手でバーベルの中央を持ち、息を吸いながらトップサイドデッドリフトの要領で持ち上げる。
  3. 息を吐きながら元の姿勢に戻る。このとき、バーがセーフティバーに着かないようにする。
  4. 2〜3を繰り返す。反対側も同様に行う。

ダンベル・ワンハンド・デッドリフト[編集]

  1. フラットベンチの上にダンベルを置き、膝の皿の下あたりにダンベルが位置するようにする。
  2. 片手にダンベルを持ち、息を吸いながらトップサイドデッドリフトの要領で持ち上げる。
  3. 息を吐きながら元の姿勢に戻る。このとき、ダンベルがベンチに着かないようにする。
  4. 2〜3を繰り返す。反対側も同様に行う。

参考文献[編集]

  • 『かっこいいカラダ next stage vol.9』、ベースボールマガジン社。

関連項目[編集]