ローラ・ボベスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローラ・ボベスコ
生誕 (1921-08-09) 1921年8月9日
出身地  ルーマニアクラヨーヴァ
死没 (2003-09-04) 2003年9月4日(82歳没)
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

ローラ・ボベスコ (Lola Bobesco, 1921年8月9日 - 2003年9月4日[1][2])は、ルーマニア出身のヴァイオリニスト。本名はローラ・ヴィオレタ・アナ=マリア・ボベスク(Lola Violeta Ana-Maria Bobescu)。

経歴[編集]

クラヨーヴァの生まれ。作曲家で指揮者でもあった父オーレルに幼少時より薫陶を受け、1928年にパリに留学し、エコールノルマル音楽院マルセル・シャイエのクラスに入った。1931年からはパリ音楽院ジュール・ブシューリに師事し、1935年にプルミエ・プリを取得して卒業した。その後もジョルジェ・エネスクジャック・ティボーの薫陶を受け、1937年にウジェーヌ・イザイ・コンクールで七位入賞を果たした。戦時中はルーマニアに帰国して演奏活動を継続した。戦後はフランスのピアニスト、ジャック・ジャンティと結婚して夫婦でデュオを組んだ。またベルギーに活動の本拠を移し、1958年にワロニー王立室内管弦楽団を設立。1962年から1972年までブリュッセル王立音楽院リエージュ音楽院の教授職を兼務して後進の指導に当たった。1990年には弦楽四重奏団のアルテ・デル・スオノを結成。

サルト=レ=スパにて死去[3]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ tower.jp
  3. ^ audite.de