ロンドンビール洪水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トテナムコート通りのトーテンホールハウス
洪水の前の年におけるセントジャイルスの通りの様子。

ロンドンビール洪水(ロンドンビールこうずい、London Beer Flood)は、1814年10月17日イギリスロンドンセントジャイルス教区において発生したビールの破裂・流出事故である。

事故は、トッテナムコートロード(Tottenham Court Road)[1][2]にあるモイクス醸造所[2]で起こった。醸造所は、セントジャイルス貧民街の救貧院と長屋の間に建っていて、従業員やその家族が地下室で起居していた。

午後6時頃、135,000英ガロン(61万リットル)以上のビールを蓄えた大樽が破裂し、中身が流出。その衝撃で同じ建物にある他の大樽もドミノ倒しのように転倒し、ビールが津波の如く醸造所から屋外に溢れ出した。これによって2つの家屋が全壊して, 隣接するタヴィストック・アームス・パブの壁の倒壊で10代の女性バーテンダーが圧死[3]。更に地下室にもビールが流入し幼児2人を含む7人が溺死したばかりか、翌日には急性アルコール中毒で1人が死亡した[1]

結果として323,000英ガロン(147万リットル)以上のビールが噴出し事故についても醸造所が司直の追及を受けたものの、結局不可抗力("Act of God")と認められて刑事罰は免れた。しかし醸造所は事故によって損失が巨額に上っていたことに加えて、ビールに対する税金を納税済みであったことから一時期事業継続が危ぶまれた。とは言え経営者が議会に請願して、損失分の税金を返還することが出来て何とか事態を切り抜けることに成功した[4]

ドミニオン・シアター

醸造所は1922年に解体された。そして今日、かつての醸造所の一角にドミニオン・シアター(Dominion Theatre)が置かれている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Rennison, Nicholas (2 November 2006). The Book of Lists: London. Canongate Books Ltd. ISBN 9781841956763. http://www.amazon.co.uk/Book-Lists-London-Nicholas-Rennison/dp/1841956767. 
  2. ^ a b Greenberg, Michael I.. Disaster!: A Compendium of Terrorist, Natural, and Man-made Catastrophes. Jones & Bartlett Publishers. pp. 156. ISBN 0763739898. http://books.google.com/books?id=EZAdQAuPyKAC&pg=PA156&dq=%22beer+flood%22&hl=nl&sig=Y6Ha_T9sgglenbul8-ZzlGoTUaY. 
  3. ^ London Beer Flood at Expages.com (archived version)
  4. ^ Industries: Brewing (British History Online) accessed 10 January 2009

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度31分00秒 西経0度07分49秒 / 北緯51.516556度 西経0.130139度 / 51.516556; -0.130139