ロバート・ブルーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロバート・ブルーナー
生誕 1958年
職業 インダストリアルデザイナー
著名な実績 アップルインダストリアルデザイングループ・ディレクター(1989年–1996年)

ロバート・ブルーナー: Robert Brunner1958年[1] - )は、アメリカ合衆国インダストリアルデザイナー。1989年から1996年までアップルインダストリアルデザイングループ・ディレクターを務め、Ammunition Design Groupの創設者でパートナーである [2]

略歴[編集]

ブルーナーは、1981年にサンノゼ州立大学でインダストリアルデザイン学士号を取得した。1984年にLunar Designを含むいくつかのハイテク企業でデザイナーやプロジェクトマネージャーを務めた後、1989年にアップルへ入社する[3]。アップルインダストリアルデザイングループでは、PowerBookを含むアップル製品ラインのデザイン・ディレクションを担当した。ブルーナーは、アップルに在籍中、ジョナサン・アイブを3回誘って1996年ついに雇った[4][5]

1996年1月、彼はデザインファームPentagramのサンフランシスコオフィスとパートナーになった[6]

ブルーナーはサンフランシスコに本拠を置くZephyr Ventilationの創設者Alex Siowと協力して、屋外グリル設計会社のFuegoを立ち上げた。彼は、Siowとの関係を象徴するZephyr Ventilationの近代的なレンジフードのArc Collectionをデザインした[7]

2007年半ばまでにブルーナーはPentagramを辞め、Ammunition Design Groupを開始した[5]。2008年、元MetaDesignのリーダー、Brett Wickens、Matt RolandsonがAmmunition LLCにパートナーとして参加した[8] 。彼はAmmunition Design Groupの設計チームを率いて、多くの米国および国際的な顧客に製品、アイデンティティ、インタラクションデザイン、戦略コンサルティングを提供している。現在はEmber Technologiesの取締役を務めている[9]

ブルーナーの作品は北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアで広く公開されている。 彼の製品デザインは、インダストリアルデザイナーズ・オブ・アメリカ・アンド・ビジネス・ウィークの23のIDSA賞を受賞した。 彼の作品は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)、クーパーヒューイット美術館インディアナポリス美術館(IMA)、サンフランシスコ近代美術館(SFMoMA)の常設コレクションに含まれている [10]

参考文献[編集]

  1. ^ Robert Brunner Collection”. Cooper Hewitt. 2015年6月8日閲覧。
  2. ^ Robert Brunner of Ammunition on why design is a process and should be at the heart of any business”. Creative Boom (2016年3月23日). 2016年5月11日閲覧。
  3. ^ 信行, 林. “なぜ日本メーカーはアップルになれないのか デザインを殺すシステム、もう捨て去る時だ” (日本語). 日経ビジネスオンライン. https://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150216/277530/?P=2 2018年9月27日閲覧。 
  4. ^ Robert Brunner: the man who hired Jonathan Ive... thrice! - YouTube
  5. ^ a b Inc., mediagene「なぜアップルはBeatsデザイナーを雇わないのか?」『』、2014年5月30日。2018年8月19日閲覧。
  6. ^ A Master Designer Redraws His Plans”. Bloomberg Business (2007年10月21日). 2015年6月9日閲覧。
  7. ^ Design Lecture Series: The Beats by Dr. Dre Story”. AIGA San Francisco. 2015年6月9日閲覧。
  8. ^ Delahoyde, Steve (2009年1月15日). “Revolving Door: Ammunition Hires New Partners Wickens and Rolandson”. Adweek. 2015年6月9日閲覧。
  9. ^ Ember Technologies”. CrunchBase. 2016年1月31日閲覧。
  10. ^ Online Collection, Powerbook 100”. Indianapolis Museum of Art. 2015年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]