ロジャー・ソメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロジャー・ソメール

ロジャー・ソメールRoger Sommer1877年8月4日 - 1965年8月14日)は、フランス航空のパイオニアである。1910年前後に活躍し、自らも飛行機を設計製作した。

ムルト=エ=モゼル県のPierrepontでベルギーのフェルト産業家の家系に生まれた。航空の世界に入り、ローラン・ギャロスら初期のパイロットたちとつきあった。ファルマン機で飛行を行い、1909年8月7日には、滞空時間、2時間27分15秒という当時の記録を樹立した。1911年3月には12人の同乗者をのせての飛行も行った。自らも飛行機を製作し、ファルマン機に似た複葉機ブレリオ機に似た単葉機などを製作し、100機ほどの注文を受けた。多くのパイロットが飛行免許を取得するのに用い、1911年、アンリ・ペケによってインドでの最初の航空郵便の運搬に使われた。1912年6月、パイロットとして雇った、アルバート・キマーリング(Albert Kimmerling )がソメールの単葉機で事故死をしたのがきっかけで、航空界から遠ざかり、家業を継いだ。

ソメールの息子の一人のピエール(Pierre Sommer)も一時パイロットとなったが、家業のフェルト加工業を発展させて、自動車内装部品の大企業のソメール・アリベール社に発展させた。また、自動車レースのドライバーとして成功し、1950年のF-1 レースで事故死したレイモンド・ソマー(Raymond Sommer)も息子である。

外部リンク[編集]