レポゼッション・メン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レポゼッション・メン
Repo Men
監督 ミゲル・サポチニク
脚本 エリック・ガルシア
ガレット・ガーナー
原作 エリック・ガルシア
『レポメン』
製作 メアリー・パレント
スコット・ストゥーバー
製作総指揮 ミゲル・サポチニク
ジョナサン・モーン
マイク・ドレーク
ヴァレリー・ディーン
アンドリュー・Z・デイヴィス
出演者 ジュード・ロウ
フォレスト・ウィテカー
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 エンリケ・シャディアック
編集 リチャード・フランシス=ブルース
製作会社 レラティビティ・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年3月19日
日本の旗 2010年7月2日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $32,000,000[1]
興行収入 $18,020,245[1]
テンプレートを表示

レポゼッション・メン』(原題: Repo Men)は、2010年に公開されたアメリカ合衆国の映画SF作家エリック・ガルシアによる小説『レポメン』を原作としており、自身も脚本として参加している。タイトルの「レポゼッション・メン」(Repossession-Men)は、「(人工臓器の)回収人」の意。

あらすじ[編集]

時は近未来。巨大企業ユニオン社が開発した人工臓器によって、人類はかつてないほどの長寿の術を手に入れていた。しかし、高価な人工臓器のローン返済が滞ると、ユニオン社の人工臓器回収人であるレポゼッション・メン、通称レポメンが容赦なく臓器を回収する。合法的殺し屋とも言えるレポメンのレミーは、ある日仕事中に重傷を負う。気がつくと人工心臓を埋め込まれ、多額の負債を抱えることになる。ローンの返済のためにはこれまで以上にレポメンとしての仕事をこなさなければならないのだが、自分も同じ立場である相手に対してこれまでのように「仕事は仕事」と割り切ることができない。結局、返済の滞ったレミーは仲間たちから追われる羽目になる。レポメンから逃げ切ることが不可能であると知っているレミーはユニオン社のデータを消去しようと考える。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

参考文献[編集]

  1. ^ a b Repo Men (2010)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]