レドジェプバイ・アラゾフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レドジェプバイ・アラゾフロシア語: Реджепбай Аразов Redjepbai Arazov1947年 - )は、トルクメニスタンの政治家。石油ガス産業・鉱物資源相、メジリス(議会)議長、副首相兼国防相等を歴任。

経歴[編集]

バルカン州ガサンクリー地区シャフマン村出身。1971年、地質学及び油田・ガス田探査専攻でトルクメン工科大学を卒業。1998年5月まで国営財閥「トルクメンネフチ」第一副社長。

1998年5月20日、石油ガス産業・鉱物資源相。2000年9月18日~2001年7月7日、バルカン州知事。

2001年からメジリス代議員。2001年7月7日~2002年3月、メジリス議長。

2002年3月~2003年9月29日、副首相兼国防相。

サパルムラト・ニヤゾフにより、トルクメニスタン労働組合国家センター議長に推薦された。

先代:
グルバンドゥルディ・ベゲンジョフ
国防相
2002年 - 2003年
次代:
ガゲリディ・マメットゲリディエフ