レディ・イヴ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レディ・イヴ
The Lady Eve
The-Lady-Eve.jpg
監督 プレストン・スタージェス
脚本 プレストン・スタージェス
原案 モンクトン・ホフ
製作 ポール・ジョーンズ
出演者 バーバラ・スタンウィック
ヘンリー・フォンダ
音楽 ジグムンド・クラムゴールド
撮影 ヴィクター・ミルナー
編集 スチュアート・ギルモア
製作会社 パラマウント映画
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 プレノン・アッシュ
公開 アメリカ合衆国の旗 1941年2月25日
日本の旗 1994年4月23日[1]
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $660,000[2]
テンプレートを表示

レディ・イヴ』(原題:The Lady Eve)は、1941年制作のアメリカ映画スクリューボール・コメディ映画。脚本・監督はプレストン・スタージェス。主演はバーバラ・スタンウィックヘンリー・フォンダ。日本でのテレビ放送、およびビデオタイトルは『淑女になったイブ』。

1941年のニューヨーク・タイムズの年間映画ベスト10では、『市民ケーン』を押さえて第1位に選ばれた。1994年、アメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

あらすじ[編集]

蛇の研究学者チャーリー・パイクは南米での現地調査を終え、豪華客船でアメリカへの帰途につく。チャーリーはエール会社の御曹司だが、蛇の研究にしか興味がない世間知らずな男であった。

一方、女詐欺師のジーンは、父親でやはり詐欺師の大佐ことハリントンと共にこの客船で金持ちからいかさまカード・ゲームでお金を巻き上げていたが、チャーリーに目を付けて一計を案じ、まんまと引っかけることに成功する。

2人は次第に本心から惹かれ合うようになり、チャーリーはある日、ジーンに結婚を申し込む。だが、チャーリーのお目付役のマグジーは危険を察知し、船長から手に入れたジーンたちの手配写真をチャーリーに見せ、彼女たちが詐欺師であることを教える。こうして2人は破局、元の生活に戻る。

そんなある日、ジーンは詐欺仲間からチャーリーの家に出入りし、彼の財産を狙っていることを聞いてしまう。そこでジーンはチャーリーに警告するため、淑女“レディ・イヴ”になりすまし、再び彼の前に姿を現す。チャーリーはイヴがジーンとそっくりなことに茫然としながらも、美しく着飾った彼女に魅了され、ジーンと同一人物と気づかぬまま、再び彼女に魅かれていく…。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1994年のプレストン・スタージェス祭において。
  2. ^ Curtis, James. Between Flops: A Biography of Preston Sturges. New York: Limelight Editions, 1984, p. 240.

外部リンク[編集]