レジストジェット・ロケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レジストジェットは(通常は不活性の)液体を加熱して推力を生みだす宇宙機の推進方法 (電気推進)である。サーマル式インクジェットプリンターと同じ原理で、加熱は一般的にフィラメントで構成される抵抗器に電流を供給して気化膨張したガスを通常のノズルから噴射する。[1]

レジストジェットは軍用のヴェラ人工衛星に搭載された1965年以降使用された。しかしながら商業用での使用は1980年に打ち上げられた最初のインテルサット5号である。レジストジェットの推進は軌道投入英語版姿勢制御イリジウム衛星コンステレーションを含む低軌道衛星の軌道離脱に使用され、[1] 質量よりもエネルギーがはるかに豊富に必要だが手軽に高い推進効率で低推力が許容できる状況で使用される。

比推力は投入される電気エネルギーの量や推進剤にもよるが、概ね200秒未満である。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]