レオ・ベルギクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • レオ・ベルジカス
ファミアーノ・ストラーダ作(1631年から1651年の間)

レオ・ベルギクスラテン語: Leo Belgicus)とは、ベルギウム(ラテン語: Belgium)(現在のベルギーではなく、現在のオランダルクセンブルクベルギーと北部フランスの一部から成っていたネーデルラントのこと[1])を獅子ラテン語: leo)の形で表した紋章または地図のこと。

地図でない場合、ネーデルラント連邦共和国擬人化であるオランダの乙女英語版を一緒に描くことが多い。この時、乙女と獅子は「ホラントの庭」という丸い囲いのある庭に座っている。

これと近いものにヨーロッパ大陸を女王(ラテン語: regina)に見立てた「エウローパ・レギーナ(Europa regina)」[2]がある。

歴史[編集]

八十年戦争の最中だった1583年オーストリア地図学者ミヒャエル・アイツィンガーが描いたものが最古のレオ・ベルギクスである。ネーデルラントでは獅子の紋章が多かったことから、それに触発されたと言われている[3]。(具体的に、紋章に獅子の図案を使っていたのはウィレム1世はじめ、ブラバント公国フランドル伯領英語版、フリースラント領主領、ゲルデルン公領エノー伯領ホラント伯領英語版リンブルフ公領英語版ルクセンブルク公領英語版ナミュール伯領ゼーラント伯領英語版


レオ・ベルギクスには大きく分けて3種類のパターンがあった。

脚注[編集]

  1. ^ ニューネーデルラント#植民地のラテン語名に関する注釈
  2. ^ en:Europa regina
  3. ^ Melanie Langa. “Leo Belgicus”. スタンフォード大学. 2020年1月20日閲覧。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、レオ・ベルギクスに関するカテゴリがあります。