レオンティエン・ファンモールセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

レオンティエン・ファンモールセル
Olympic flag.svg
2000 シドニー 個人ロード
2000 シドニー ロード個人TT
2000 シドニー 3km個人追い抜き
2004 アテネ ロード個人TT
2000 シドニー ポイントレース
2004 アテネ 3km個人追い抜き
Arc en ciel.png
1990 前橋 3km個人追い抜き
1991 個人ロード
1993 個人ロード
1998 個人ロードTT
1999 個人ロードTT
2001 アントウェルペン 3km個人追い抜き
2002 コペンハーゲン 3km個人追い抜き
2003 シュトゥットガルト 3km個人追い抜き
1998 個人ロード
1998 ボルドー 個人追い抜き

レオンティエン・ファンモールセル(Leontine Martha Henrica Petronella 'Leontien' van Moorsel。1970年3月22日- )はオランダ・ボーケル出身の元女子自転車競技選手。レオンティン・サイラート=ファンモールセル(Leontien Zijlaard-van Moorsel)という名としても有名な名選手であった。

経歴[編集]

1980年代後半に自転車競技選手としてのキャリアをスタートさせ、女王・ジャニー・ロンゴらとオリンピック世界自転車選手権グランド・ブークルなどのレースで熾烈な優勝争いを演じるようになる。初のメジャータイトル獲得は、前橋で開催された1990年の世界選・トラックレース、3000m個人追い抜きであった。1991年には世界選・個人ロード初優勝。翌1992年以降はロンゴらを完全に凌ぎ、グランド・ブークルも92・93年に連覇を果たすなど、女子の中長距離界では完全に第一人者の称号を得たかに思われた。しかし突然、体調に変調をきたすようになる。

1994年頃、ファンモールセルは神経性無食欲症に陥る。そのため、一時は引退状態となった。しかし1995年マイケル・サイラートと結婚してから体調も戻るようになり、選手としてもその後まもなく復帰。1998年、世界選ロードの個人タイムトライアルを優勝して完全復活。翌1999年の世界選でも同種目を制する。そして2000年シドニーオリンピックでは、完璧な強さを見せる。

ロード・個人タイムトライアルではロンゴらを一蹴。個人ロードではハンカ・クフェルナーゲルらとのスプリント争いを制して見事ロード二冠を達成。加えてトラックの3000m個人追い抜きも制し、なんと同大会の「三冠王」を果たす。その後もファンモールセルは、3000m個人追い抜きでは世界選3連覇。2003年にはアワーレコードも樹立した(46.06511 km)。そしてアテネオリンピックではロード個人タイムトライアルの連覇を達成した。だが、アテネ五輪を最後に現役を引退した。

ちなみにファンモールセルはオランダ スポーツマンオブザイヤーを6回(1990・93・99・2000・03・04)受賞している。

外部リンク[編集]

先代:
エリー・ファンフルスト
オランダ スポーツウーマンオブザイヤー受賞者
1990年
次代:
イングリッド・ハリンガ
先代:
エレン・ファンランゲン
オランダ スポーツウーマンオブザイヤー受賞者
1993年
次代:
アンキー・ファングルンスヘン
先代:
マリアンヌ・ティマー
オランダ スポーツウーマンオブザイヤー受賞者
1999~2000年
次代:
インヘ・デブルーイン
先代:
ヴェローナ・ファンデロール
オランダ スポーツウーマンオブザイヤー受賞者
2003~2004年
次代:
イレイン・ブスト