レイラ・ジェンチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイラ・ジェンチェル
Leyla Gencer
生誕 (1928-10-10) 1928年10月10日
トルコの旗 トルコポロネズキョイ英語版
死没 (2008-05-10) 2008年5月10日(満79歳没)
イタリアの旗 イタリアミラノ
学歴 イスタンブール音楽院中退
ジャンル クラシック
職業 ソプラノ歌手

レイラ・ジェンチェル(Leyla Gencer, 1928年10月10日 - 2008年5月10日)は、トルコ出身のソプラノ歌手[1]

生涯[編集]

イスタンブール近郊ポロネズキョイ英語版の生まれ。イスタンブール音楽院を中退し、ジャンニーナ・アランジ=ロンバルディに師事。1950年にアンカラの歌劇場でピエトロ・マスカーニの《カヴァレリア・ルスティカーナ》でサントゥッツァ役を歌って歌手デビューを果たした。1953年にはナポリサン・カルロ劇場で同じ役を歌い、トゥリオ・セラフィンに認められて同劇場でジャコモ・プッチーニの《蝶々夫人》のタイトル・ロールを歌い、イタリアでの名声を得た。 1956年にはサンフランシスコ歌劇場でリッカルド・ザンドナーイの《フランチェスカ・ダ・リミニ》を歌ってアメリカ・デビューを果たし、スカラ座にも登場した。1962年にはコヴェントガーデン王立歌劇場グラインドボーン音楽祭などに出演してイギリスでの名声も固めた。その後はモスクワ、ブエノスアイレスやウィーンなど世界の主要な歌劇場に客演を続けた。1985年にスカラ座でのフランチェスコ・ニェッコの《舞台裏騒動》の舞台を最後にオペラから引退し、1992年に演奏活動から退いた。その後はリッカルド・ムーティに乞われてスカラ座アカデミーの芸術監督となり、後進の指導に当たった。

ジャナンドレア・ガヴァッツェーニとのコンビで、多くのドニゼッティ作品を蘇演した功績は特筆される。

その後2008年5月10日にミラノにて死去した[2]

出典[編集]

  1. ^ Leyla Gencer”. The Telegraph (2008年5月12日). 2014年6月27日閲覧。
  2. ^ レイラ・ゲンチャーさん逝く”. HMV (2008年5月13日). 2014年6月27日閲覧。